• トップ
  • ニュース一覧
  • 「南野・久保も無駄だった」韓国メディア各社が日本代表の“完敗”を報道…最大級の賛辞が贈られた選手は?

「南野・久保も無駄だった」韓国メディア各社が日本代表の“完敗”を報道…最大級の賛辞が贈られた選手は?

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2020年11月18日

韓国はカタールを相手にアジアカップのリベンジを果たす

 また、サッカー専門メディア『Inter Football』は「“神懸ったセーブ”…オチョアのセーブショー、南野・久保も無駄だった」と、好セーブを連発したメキシコの守護神オチョアに注目。「得点はヒメネスとロサーノが記録したが、最も大きな功績を立てた選手はGKのオチョアだった。(中略)日本は何度も叩いたにもかかわらず、オチョアという壁を乗り越えることはできなかった」と、彼の活躍を大きく称えていた。

 一方、日本と同じくオーストリアで国際Aマッチを戦った韓国代表は、ファン・ヒチャンの開始16秒でのゴールとファン・ウィジョの追加点で、カタール代表に2-1で勝利。昨年のアジアカップ準々決勝で敗れたリベンジを果たしたのと同時に、Aマッチ通算500勝目を達成している。

文●ピッチコミュニケーションズ
【関連記事】
「今日は5分で試合を決めた」メキシコの完勝を現地メディアが称賛! 日本代表で“壁だった”と唯一評価されたのは?
「韓国ほど我々を恐れていなかった」メキシコ紙が日本戦を総括! 変貌ぶりに“違和感”も「日本がなぜか減速した…」
柴崎&遠藤は過去最高水準の関係性。ボランチの最適解が見えた一方で、明暗を分けたベンチの差
【セルジオ越後】「たら・れば」の話はいらない! メキシコとの実力差は明らかだった
【岩政大樹】“試合巧者”とはどんなチームなのか?メキシコにあって日本にないものとは

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ