「南野・久保も無駄だった」韓国メディア各社が日本代表の“完敗”を報道…最大級の賛辞が贈られた選手は?

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2020年11月18日

「北中米の強豪メキシコが日本に完勝し、アジア最強のチームらに厳しさを味わわせた」

メキシコ戦は前半の好機を活かせず敗戦。濃霧の中で途中出場の久保も不発に。写真:龍フェルケル

画像を見る

「全員海外組でチームを組んだ日本代表が、メキシコ代表の前に力なく崩れた」

 これは、「日本、メキシコに“0-2”沈没…ヒメネス-ロサーノ連続ゴール」と見出しを打った経済メディア『MoneyS』の記事の書き出しだ。

【代表PHOTO】日本0-2メキシコ|前半には決定機を掴むも一瞬の隙を突かれ敗戦…

 13日のパナマ代表戦に次いで、今回もオーストリアのグラーツで行なわれた日本代表とメキシコ代表の国際Aマッチ。後半の2失点で森保ジャパンが0-2と敗れたこの試合は、韓国でも広く報じられている。

 韓国の報道で最も目についた見出しは「完敗」の2文字だった。
「日本、メキシコに0-2の完敗! ヒメネス、ロサーノ連続ゴール」(スポーツ新聞『スポーツ朝鮮』)
「日本、メキシコに0-2の完敗…メキシコ、韓国戦3-2の勝利に続き連勝」(経済メディア『mediapen』)

 さらには「“オール海外組”で臨んだ日本代表、メキシコとの親善試合で0-2の完敗…水準の差を確認」(『グローバルエコノミック』)と報じられていた。ほかにも、「ベント号を下したメキシコ、全員欧州組の日本を2-0で制圧」(通信社『聯合ニュース』)、「日本、ベント号を下したメキシコに0-2の敗北」(サッカー専門メディア『FOOTBALLIST』)など、メキシコが15日の国際Aマッチで、パウロ・ベント監督率いる韓国代表に3-2で勝利していたことにも触れるメディアが多く見られた。

 なかでも、「“メキシコ、チャルハネ(上手だね)”全員欧州組の日本に0-2完勝」と伝えた総合ニュースメディアの『デイリー・アン』は、アジア2か国にいずれも勝利を収めたメキシコの戦いぶりをこう評価している。
「ベント号に敗北をもたらした北中米の強豪メキシコが、日本に完勝し、アジア最強のチームらに厳しさを味わわせた。(中略)韓国に3-2で完勝したメキシコは、日本まで制して11月のAマッチを2連勝で終えた。前回の試合、強いプレスで韓国を危機に陥れたメキシコは強かった。全員欧州組で臨んだ日本相手にも支配率で優位を保ち、試合の主導権を握った」
 
【関連記事】
「今日は5分で試合を決めた」メキシコの完勝を現地メディアが称賛! 日本代表で“壁だった”と唯一評価されたのは?
「韓国ほど我々を恐れていなかった」メキシコ紙が日本戦を総括! 変貌ぶりに“違和感”も「日本がなぜか減速した…」
柴崎&遠藤は過去最高水準の関係性。ボランチの最適解が見えた一方で、明暗を分けたベンチの差
【セルジオ越後】「たら・れば」の話はいらない! メキシコとの実力差は明らかだった
【岩政大樹】“試合巧者”とはどんなチームなのか?メキシコにあって日本にないものとは

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ