「韓国ほど我々を恐れていなかった」メキシコ紙が日本戦を総括! 変貌ぶりに“違和感”も「日本がなぜか減速した…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月18日

前半を優位に進めた日本だったが…

球際に強く、肉弾戦で日本を圧倒したメキシコが、年内最終戦に勝利した。 (C) Getty Images

画像を見る

 森保ジャパンは、年内最後の一戦を白星で飾ることはできなかった。

 現地時間11月17日にオーストリアのグラーツで開催された国際親善試合で、日本代表はメキシコ代表に0-2と敗れた。

 前半の主導権を握っていたのは日本だった。11分に原口元気が、15分に鈴木武蔵がビッグチャンスを迎えるも、メキシコ守護神のギジェルモ・オチョアの好守に阻まれ、得点には至らない。

 日本がチャンスを掴みきれずにスコアレスで迎えた後半は一転してメキシコペースに。すると、63分にエースのラウール・ヒメネスに均衡を破られ、5分後にはカウンターからイルビング・ロサーノに追加点を奪われた。

 時間の経過とともに濃くなった霧によって視界が悪くなるなかで、ギアを上げたメキシコの鋭い出足のプレスにも屈し、決定機を生み出せなくなっていった日本。反撃に転じるべく72分に久保建英、77分に浅野拓磨を投入したが、それも功を奏することはなかった。

 コロナ禍で実現した貴重なテストマッチでの両国の戦いぶりをメキシコ・メディアはどう捉えたのか。地元紙『El Universal』は、「日本が優勢だった恐ろしい前半からマルティーノ(メキシコ代表監督)のチームは自分たちを巧みに再構築した」と母国代表の修正力を称えた。

「メキシコのチャンスは決して多くはなかったが、ラウール・ヒメネスとイルビング・ロサーノが決めるべきところで、最も必要だったゴールを奪った。前半はあまりに恐ろしいものだったが、2失点でアジアの雄は見栄えを悪くしたのだ」
 
 試合後のフラッシュインタビューで森保一監督が「チャンスは作れたので、そこで決めきるという決定力のところだと思います」と嘆く決定力不足を露呈した日本代表について同紙は、“違和感”を交えつつ、こう指摘している。

「メキシコは前向きで大胆に立ち上がりを迎えたが、日本は韓国ほど我々を恐れてはいなかった。次第に彼らは前掛かりになり、ボールを奪ってから次々に攻撃を仕掛けてきたが、そこにオチョアが立ちはだかった。ベテランゴールキーパーはあらゆる場所からのシュートを全て食い止めた。

 たしかにメキシコにとって前半は良い経験ではなかった。だが、試合終盤に向けては、日本がなぜか減速したのもあったが、人を変え、チームの姿勢が見違えるほどに良くなり、劣勢を覆したと言えるだろう」

 前半の内容だけを見れば、日本は勝っていてもおかしくはなかった。それだけに親善試合とはいえ、悔やまれる結果になったと言えるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ