バルサを勝利に導いた「進化」と「原点」――4つのポイントからクラシコを振り返る

カテゴリ:ワールド

豊福晋

2015年03月23日

前でCBと勝負できるスアレスならではの決勝弾。

マドリーで際立っていたのは、ドリブルが冴えたマルセロ、縦パスで仕掛け/崩しの起点となったモドリッチ、そして鮮やかなヒールパスで同点ゴールを演出したこのベンゼマだった。 (C) Getty Images

画像を見る

CBの間を割って裏を取り、完璧なトラップから決勝ゴールを決めたスアレス。バルサの新スタイルを象徴するような一発だった。 (C) Getty Images

画像を見る

3)CFスアレスと裏のスペース
 
 一進一退の攻防に決着をつけたのはスアレスだった。
 
 このクラシコは、メッシではなくスアレスをCFに置くことの意味が表われた試合でもあった。
 
 56分の決勝点の場面。スアレスはS・ラモスとペペの間を斜めに割り、裏のスペースを勝ち取る。D・アウベスからのロングボールを、これ以上ないトラップで足下に収めると、時間をかけずにシュート。測ったようにファーサイドのポスト際を射抜き、ネットを揺らしたのだった。
 
 呼び込む動き、トラップ、シュートといずれも完璧だったが、ここで効いたのが裏のスペースをアタックするその意識だ。
 
 メッシがCFだったら、このゴールはなかっただろう。中盤に下がらず、前でCBと勝負できるスアレスだからこそ生まれた決勝点だった。
 
4)カウンターと原点回帰
 
 リードしたバルサはその後、カウンターに徹した。
 
 前掛かりになるマドリーの裏を、メッシやネイマールがそのスピードで何度となく脅かす。追加点が奪えなかったのは、フィニッシュの精度を欠いたからだ。
 
 前線のトリデンテ(3人)を活かす縦に速いサッカーを志向するL・エンリケのバルサは、これまでとは明らかに趣を異にする。
 
 ただ、L・エンリケはテンポを落としてゲームを終わらせにかかる。1点差という状況では、オープンに撃ち合ってはさすがにリスクが大きすぎる。
 
 75分にブスケッツ、そして80分にシャビを投入すると、試合は思惑どおりスローダウン。ショートパスを繋ぐかつてのバルサが蘇り、ボールに触れなくなったマドリーは以降、チャンスらしいチャンスを作れなかった。
 
 試合を締めたのは、いわば原点回帰のブスケッツとシャビの投入だった。
 
取材・文:豊福晋

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ