「メッシのマネジメントは簡単じゃない」キケ・セティエン前監督がバルサ時代の“苦悩”を激白!「とても無口で…」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年11月02日

セルタ戦直後にスアレスがセティエンを含めたコーチングスタッフを突き放す発言を

 ただクラブ内には「選手全員がキケに異を唱えているわけではない。実際エルネストの時に比べると、練習の密度は濃くなっている」と擁護する意見も存在する。

 しかも、就任当初の腹の探り合いから冷戦状態を経て、最近は、対立が表沙汰になっている。セルタ戦直後にもルイス・スアレスがセティエンを含めたコーチングスタッフを突き放す発言をしたばかりだ。

 しかしその一方で、セティエンは故障明けにも関わらず、ルイス・スアレスを優先的に起用し続けている。ここ数試合その犠牲になっているのがアントワーヌ・グリエーズマンで、古巣のアトレティコ戦ではラスト5分間しか出番が回ってこなかった。試合後かつての愛弟子のこの扱いについて、敵将のディエゴ・シメオネは「ノーコメント」と意味深なリアクションを見せている。

 セティエンは今後もチームを率いる意欲を見せ、フロントも解任する考えがないことを強調している。ただバルトメウの言葉に何の保証もないのは過去の出来事が示している。

文●ファン・I・イリゴジェン(エル・パイス紙バルセロナ番)
翻訳●下村正幸

※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ