「クボは苦痛で更衣室に…」だから久保建英は前半に“眠って”いた? まさかのハプニングを現地紙が明かす!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月30日

「紛れもない兆候があった」

カラバフ戦で先発し、75分までプレーした久保。試合前には思わずハプニングがあったようだ。(C) Rafa HUERTA

画像を見る

 現地時間10月29日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節(I組)で、久保建英が所属するビジャレアルは、アゼルバイジャンのカラバフと中立地のトルコで対戦。78分に1点を先制されたものの、終盤の3ゴールで3-1と勝利し、連勝を飾った。

 この試合で、公式戦3試合連続のスタメンを飾った久保は、4-1-4-1の左サイドハーフで出場。前半はほとんど見せ場を作れず、ボールタッチの数はわずか19回だけだった。

 だが、これには試合前のハプニングが関係していたのかもしれない。チーム全体が“眠っていた”前半の出来について、スペイン全国紙の『AS』は「紛れもない兆候があった」とし、こう綴っている。

【動画】2G1A以外にも圧巻プレー連発!UEFAが公開した久保建英のELデビュー戦プレー集
「ウォームアップの終わりに、クボが“高貴な部分”にボールを受け、苦痛で更衣室に退いた。彼はスタッフに囲まれていた」

 精彩を欠いた前半にボール直撃の影響があったかどうかは定かではないが、後半に入ると別人のように躍動。ゴールには繋がらなかったとはいえ、次々にチャンスを作り出した。

 いずれにしても、大事に至らず、ゲームに出場できたのは何よりだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ