「クラブ史上最も愚かな失点」痛恨ミスのバルサGKに辛辣批判!「何がしたかったんだ?」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月01日

「テア・シュテーゲンはいつ戻ってくるんだ?」

テア・シュテーゲンの故障で出番をもらっているネト。(C)Getty Images

画像を見る

 10月31日に開催されたラ・リーガ第8節で、バルセロナは敵地でアラベスと対戦。1-1のドローに終わり、これで国内リーグは4戦勝ちなしとなった。

 フラストレーションを溜めたリオネル・メッシが、レフェリーの前でボールを蹴って“威嚇”した行為が物議を醸しているが、ケチのつけ始めはその8分前に喫したまさかの失点だった。

 相手のカウンターのパスをCBのジェラール・ピケがカットし、GKのネトにバックパス。これをうまくトラップできず、足下に入ってしまったブラジル人守護神はルイス・リオハのプレッシャーに焦ったのか、くるりとゴールの方向へ身体を回転させる。その瞬間、背後からリオハに突かれたボールが、ゴールへと吸い込まれていった。

 もし足技に優れた正GKのマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが故障離脱していなければ……。誰もそう思ったことだろう。

 スペイン紙『AS』は、「バルサの長いリーガの歴史の中で最も愚かな失点」と酷評し、「重大なミスを犯した」と第2GKを糾弾。『MARCA』紙も、「テア・シュテーゲンはいつ戻ってくるんだ? ピケとネトのひどい失態だ」と扱き下ろした。

【動画】「ひどい失態だ」バックパスに焦ったネトの痛恨ミスはこちら
 またファンからは、「何がしたかったんだ」「言葉がない」「完全に機能不全」「このチームはもう死んでいる」といった厳しい声が寄せられている。

 この失点の時点で時間はまだたっぷりあり、勝点を落していなければ、致命傷にはならなかったはずだ。しかし、退場者を出した相手から1点しか取れずに、引き分けに終わったバルサ。返す返すも痛恨のミスとなってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ