「タキは“軽さ”がなくなった」南野拓実の“変貌”を英敏腕記者が評価!飛躍のカギとなるのは?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ジェームズ・ピアース

2020年09月16日

サイドよりもトップ下のほうが怖さがある

チームにすっかり溶け込んだ南野。飛躍のシーズンとなるか。(C)Getty Images

画像を見る

 クロップ監督も、冬の移籍市場で加入したタキがすぐに活躍して、チームの主力としてゴールを量産してくれるとは考えていなかった。無論、そうなるに越したことはないが、「そうなったらボーナス」程度としかとらえていなかった。元々、将来を見据えた補強であり、2年目以降の活躍を期待して獲得したのだ。

 獲得に必要な移籍金も破格だったし、逆に言えば、獲りにいかないオプションはなかったように思う。大きな伸びしろのあるインテリジェントなフットボーラーで、何よりリバプールのプレースタイルにフィットするタイプの選手だと関係者は感じていた。

 首脳陣は、お世辞にもレベルの高いとは言えないオーストリア・リーグからより優秀な選手の揃うリバプールにステップアップし、厳しい環境に身を置くことでさらに成長してくれるはずと期待した。

 指揮官は長期的な展望で見ているし、もちろん彼にガッカリしているということは毛頭ない。アレックス・チェンバレンやアンディ・ロバートソン、ファビーニョといった選手も時間をかけてチームに慣らせていった。それと同様だ。

 そして今のタキを見ていると、チームに慣れているようだし、自信も持っているように見える。徐々に先発で起用されるのか、それともスーパーサブ的な役割になるのか。興味深いところだ。
 
 サディオ・マネとサラー、ロベルト・フィルミーノは不動の存在だ。それは開幕戦でも明らかだった。この3人は交代せずに、その影響で、結果的に南野に出番は訪れなかった。とはいえ、あまり深読みすべきでもない。

 まだ開幕戦。十分な休養を経て戻ってきたばかりで、疲労も蓄積していない。序盤戦は試合数も少ないのだから、初戦は3人を最後まで使おうという判断だったのかもしれない。特に、引き離してもリーズが追いついてくる展開だったために、攻撃陣をピッチに残すという選択肢になっていったのもあるだろう。

 今季は、中盤の3枚の一角に入り、攻撃的な役割を担う回数も増えてくるのではないだろうか。このオプションはブラックプール戦でも証明されている。とりわけ、守備的な相手では使ってみたい布陣でもある。

 またタキは、マネやサラーほどのスピードがないため、中央で起用された際のほうが実力を発揮できている。前線でも中盤でも、どちらで使われたときも一緒で、センターを任された南野はサイドでプレーするよりも怖さがある。

 ゼロトップ気味か、トップ下、10番的な使われ方のほうが持ち味を発揮できるだろう。その全てに対応できるだけに、ほかの選手、例えばディボク・オリギなどよりも優位にあるだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ