「タキは“軽さ”がなくなった」南野拓実の“変貌”を英敏腕記者が評価!飛躍のカギとなるのは?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ジェームズ・ピアース

2020年09月16日

クレバーで、求められている役割を分かっている

プレシーズンに好調を維持しながら、開幕節は出番のなかった南野。(C)Getty Images

画像を見る

 南野拓実は、リバプールのプレシーズンで最も輝きを見せた選手の一人だ。彼とナビ・ケイタの2人が、スカッド内で最も評価を高めたと言っていいだろう。
 
 特にコミュニティーシールドでのゴールは、タキ(リバプールでの南野の愛称)にとって大きな意義があった。今年1月にリバプールに加入して以降、昨シーズンの後半戦は、実力を見せられずに自信を失いかけていたように映ったからだ。

 昨シーズンは惜しい場面も数回あったが、好機でゴールを決められなかった。例えば2月のサウサンプトン戦。与えられた出場時間は短かったが、あの時に得点していいスタートが切れていたら、状況は違っていたかもしれない。

 記憶が確かなら、モハメド・サラーからスルーパスに反応してペナルティエリアに走り込んだ南野と、同じくボールに向かったケイタが重なってしまい、前者のシュートが枠を外れた。シーンがあった。あれが決まっていたら、大きな自信を手にして、波に乗れたかもしれなかった。

 だから、れっきとした公式戦であるコミュニティーシールドでゴールを決めたことで、調子を上げていくのではないかと感じている。個人的には、今シーズンのタキは出場時間も増えて、結果も残してくれるはずと期待している。

 ユルゲン・クロップ監督は、1つのポジションに特化した選手よりも、複数のポジションを任せられるポリバレントなプレーヤーがお気に入りだ。その点、タキはすでにこれができることを証明している。

【動画】アーセナル戦の移籍後初ゴールも!リバプール南野拓実の厳選プレー集
 プレシーズン最終戦のブラックプール戦では中盤の一角でプレーして、1ゴール・1アシストという好パフォーマンスを披露した。クレバーな選手で、求められている役割を分かっている。

 私がリバプールのコーチ陣から直接聞いたところによると、南野自身も、そういったマルチなポジションをこなすことを気楽に受け入れているそうだ。ポゼッション時だけではなく、オフ・ザ・ボールの動きもしっかり理解できている。

 英語もうまくなり、仲間たちとのコミュニケーションも以前より円滑になっている。積極的にチームメイトと接して、ピッチ外の部分でも成長しているようだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ