• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後】あれだけ活躍している三笘を代表に呼べないなんて…国内選手のモチベーションが気になるよ

【セルジオ越後】あれだけ活躍している三笘を代表に呼べないなんて…国内選手のモチベーションが気になるよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月11日

イニエスタも日常化して珍しくなくなってきたなかで、新しいスターの必要も

Jリーグで3シーズン目を迎えているイニエスタ。相変わらず別格のプレーを見せているが、真新しさがなくなっているのも事実だろう。写真:田中研治

画像を見る

 日本代表の森保監督もJリーグをいろいろ見て回っているようだけど、呼びたいと思っても活動する場がないのではどうしようもない。10月、11月に欧州遠征を行なうプランもあるようだが、一定の隔離措置などもあって国内の選手は連れていけないという。三笘やセレッソの坂元、レイソルの江坂など目に見える結果を残し続けている人材もいるだけに、本当に今こそ代表に引き上げて、さらにモチベーションを高めてあげたいところだけれどね。

 これまでは国内で結果を出し続ければ代表に呼んでもらえる側面もあったけど、そうした可能性がさらに減って、コロナ禍の状況もいつまで続くか分からないとなれば、ますます選手の目は海外に向いてしまうのかもしれない。上を目指そうという選手たちのモチベーションがどうなのか気になるよ。

 クラスターに見舞われたサガン鳥栖や、選手やスタッフの感染で試合の開催中止に追い込まれたグランパスなどのように、直接的にコロナの影響を受けた部分も少なくないけど、間接的に見ればその影響はいろんな面に及んでいる。

 代表の強化もそうだし、欧州市場からのスターの獲得も難しくなってきている。もはやイニエスタも日常化して珍しくはなくなってきているなかで、次のタレントの獲得はヴィッセルのみならずJリーグの課題でもあると思う。リーグの価値や世間一般の注目度を上げるためにもチャレンジしてほしいけど、ここでもコロナが大きな障壁になっているね。

 例えば藤井八段の登場によって、いま将棋界に一気に注目が集まっているように、社会的に大きなうねりを作り出すには、世間の誰もが知るスターが必要だ。昔は国内のサッカー界にもカズやヒデのようなその時代の象徴的な存在がいて、Jリーグに関心を引き寄せることもできた。だからこそ、三笘がどれだけ活躍しても、多くの人の目に触れる代表で活躍するチャンスを与えてあげられない現状は残念でしかない。

 日本協会も「ファンが選ぶ日本代表ベストイレブン」という企画をやってみたり、代表への関心を煽ろうとしているようだけど、世間の目をサッカー界に惹きつけるような努力、アイデアはまだまだ必要。日本サッカーをさらに成長させていくためにも、日本代表とともに基盤となるJリーグももっと盛り上げていかなくてはね。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】セルジオさんも期待!川崎が誇るヌルヌルドリブラー、三笘薫のプレー集
【関連記事】
【セルジオ越後】内田篤人は最後に物凄いメッセージを残してくれた。本当によく頑張ったと讃えたい!
【セルジオ越後】ビジャレアル移籍は悪くない選択。しかし久保に足りないものは…
【川崎】逆転勝利に導くも反省を口に――プロ初ゴールの三笘薫に訊いた今後の課題
【柏】オルンガ、江坂、呉屋を前線に並べた4-3-1-2は、“最強システム”となり得るか?
イニエスタ、“6点差負け”はキャリア初の屈辱!ルヴァン杯で川崎にまさかの0-6

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ