イニエスタ、“6点差負け”はキャリア初の屈辱!ルヴァン杯で川崎にまさかの0-6

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月02日

昨シーズンも6失点は経験したが…

キャリア初の屈辱を味わったイニエスタは何を思う?写真:田中研治

画像を見る

 まさに屈辱の敗戦となった。

 9月2日に行なわれたルヴァンカップの準々決勝で、ヴィッセル神戸はホームのノエビアスタジアム神戸で川崎フロンターレと対戦。0-6の大敗を喫した。

 開始7分に小林悠に先制点を奪われると、その6分後にもこの11番にゴールを許す。21分にも被弾して前半を0-3で終えると、後半も立て直すどころか失点を重ねてさらに0-6。70分から公式戦4試合ぶりの出場を果たしたアンドレス・イニエスタも、その時点で0-4ときては為す術がなかった。

 バルセロナという強豪クラブでプレーしてきたイニエスタにとって、“6点差負け”はキャリア初の屈辱だ。6失点は昨シーズンのJ1リーグ第28節・サンフレッチェ広島戦でもあったが、スコアは2-6だった。
 
 スペイン時代も、5失点や4点差負けなどは何度か経験しているが、6点差をつけられた試合はなかった。

 先日の欧州チャンピオンズ・リーグで、古巣のバルサがバイエルンに2-8の歴史的惨敗を喫した際、「世界一のクラブを作るために、いつも一緒に続けていこう」とのメッセージを発していた元スペイン代表MFだが、まさかその数週間後に自身が同じ6点差負けを味わうなど、夢にも思っていなかっただろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】イニエスタとレジェンドJ戦士のお宝ツーショットはこちら!
【関連記事】
【ルヴァン杯】前回王者・川崎が圧巻のゴールショー!負傷明けイニエスタが途中出場も、神戸に6-0完勝
「世界一のクラブを作るために…」名手イニエスタが歴史的大敗を喫した古巣バルサに魂のエール!
「世界一サッカーが上手いおじさんには見えない」イニエスタの公園オフショットに世界から驚きの声
「興奮しかない!」イニエスタが公開した“伝説のJリーガー”との2ショットが大反響!「日本どうなってんの…」
「ファンタジスタか」久保建英が決めた超絶ヒール弾にファン驚愕!「ワォ、メッシ2.0だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ