【名古屋】川崎から“金星”を掴み取れた理由。CB中谷の言葉に象徴された自信

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2020年08月24日

“6ポイントマッチ”を手にできた意味

決勝ゴールの金崎のもとへチームメイトが駆け寄る。喜びを爆発させた瞬間だった。写真●徳原隆元

画像を見る

 前線からの守備が第一優先で、速攻ばかりでなくポゼッションでも試合を運び、なおかつ引いて守って嵐が過ぎ去るのを待つこともできる。なんでもできるチームの礎にはやはり困った時に展開をやり過ごせる堅牢な守備が欠かせず、いざとなれば引いて守るなど、そう簡単にはやられないという自信があれば、壁の硬度も余計に上がる。

 そこに前週でつかんでおいた川崎の特長と能力、渡り合ったという感触が精神を安定させ、名古屋は準備してきた川崎とのゲームプランを苦労しつつも滞りなく、完遂できたわけである。

試合後にサポーターに手を降る丸山(3番)と金崎(44番)。会心の勝利を掴んだ。写真●徳原隆元

画像を見る

 結果として得られたのは勝点3だが、6ポイントマッチの価値と首位を叩いた経験、前線のアシスト役に徹していた金崎の復帰後初得点と、付随してチームに肉付けできた部分は非常に多い。

 阿部浩之や米本拓司を欠き、厳しい日程による疲労も目に見えて溜まってきたなかでのそれは、最高の癒しにもなるはずだ。

 フィッカデンティ監督はまた「そろそろ米本や阿部を、この1週間以内にはなんとか起用できる状態にしなければ」と目算を語ってもいる。主力抜きで川崎の連勝を止めたチームに彼らが戻ってくるとすれば、まさに鬼に金棒。この勝利をもって今季における名古屋は正式に“強豪”を名乗る資格を手に入れたのではないだろうか。

取材・文●今井雄一朗(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ