【名古屋】川崎から“金星”を掴み取れた理由。CB中谷の言葉に象徴された自信

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2020年08月24日

自分たちの力を信じ、闘うことで引き出した最良の結果

川崎に完封勝利。試合終了後の選手たちの表情には充実感が表われていた。写真●徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ12節]名古屋1-0川崎/8月23日/豊田スタジアム

 培ってきたものを正確に、均一に、惜しみなく注ぎ込んだからこそ得た“金星”である。11試合で勝点31、1試合平均3得点を超える現状のJリーグ最強チームとの対戦は、ともすればリスペクトを過ぎてネガティブな構え方をしてしまいそうにもなる。

 たとえ前週にルヴァンカップで引き分け(2-2)ていても、試合結果に求める互いの条件を思えば、それがそのまま次の戦いの担保になるとは思えない。だが名古屋は引かず恐れず、正しく川崎に立ち向かった。自分たちの力を信じ、闘うことで最良の結果を引き出したのだ。

 試合は見た目やボール支配率、シュート数などでは圧倒的に川崎の“勝ち”だった。立ち上がり5分の守田英正の決定機が決まっていれば(ゴールと判定されていれば)、一気に押し切られていたかもしれない。

 だが、試合前に「食ってやろうという気持ちで」と語っていたCB中谷進之介が根性で防ぎきると、守護神ランゲラックの好セーブもあり自慢の対応力で内容を押し返し始める。ボールを回させていたとは言い難い展開も、ゴール前だけは死守し、フィニッシュにかかる場面も丹念にケアすることで危険の芽を摘んでいく。

 前半の中盤には得意のセットプレーで劣勢の流れを押し戻し、守りながら好機を窺ういつも通りの試合に持ち込むと、前半終了間際に虚を突くようなサイドチェンジからの攻撃を金崎夢生が仕留めてリードを奪った。時間は44分。最高のタイミングだった。

CBとして最終ラインを支えた中谷。試合後には手応えも語った。写真●徳原隆元

画像を見る

 後半、名古屋はシュートを1本しか打っていない。これといってチャンスもほとんど作っていない。カウンターの場面はいくつかあっても、シュートの匂いが漂ってくる前に川崎に守り切られた。その相手はといえば、7本のシュートを放ち、アクシデント絡みも含めて5人の交代選手を注ぎ込んで反撃を目論んだ。

 だが、前半ほどの決定機を作らせなかった。名古屋が覚悟を決め、守ることから勝機を膨らませようと腹を据えたからだ。中谷の言葉が簡潔でいて頼もしい。

「夢生くんが本当に良い時間帯に得点をとってくれたので、DF陣としてもすごく踏ん張りがいのある試合でした」

 1点差を不安に感じるどころか“踏ん張りがいがある”と思考できてしまうのは、彼がCBというだけでは説明がつかない。そこには再開後の試合を粘り強く守り、攻め、勝ってきた実績による自負と手応えの積み重ねが後ろ盾として存在する。

「最近の試合を通じて自分たちが手応えを感じられていることに、引いた中でも守りきれる力がついてきているというものがあります。そこの自信があるというのは大きかった」(中谷)

【J1第12節PHOTO】名古屋 1-0 川崎|名古屋が金崎の執念のヘッドで快進撃を続ける川崎を撃破
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ