【セルジオ越後の天国と地獄】協会の責任問題を追及するキャンペーンを張るべきだ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年02月04日

責任を取るべき人間に、次の代表監督を選ぶ資格はない。

日本サッカー史上、未曾有の問題に、大仁会長はどう決着をつけるのか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ブラジル・ワールドカップが惨敗に終わった時もそうだったよね。早々にアギーレ監督の就任を発表し、話題をそちらに集中させて、なし崩し的に誰も責任を取らなかった。それと同じことをしようとしているんだ。
 
 少し考えれば、順番がおかしいことにすぐ気づくよ。責任を取るべき人間に、次の代表監督を選ぶ資格はない。次期監督選びは二の次で、日本サッカー協会の改革が先だ。後任としてどんなに世界的な名将が来てくれようと、日本サッカー協会の体質が変わらなければ、同じことは繰り返されるよ。
 
 そう言えば、霜田技術委員長が日曜日にサッカー番組に出ていたけど、あれはいったいどういうつもりだったんだろう。昨日の今日のような話だよ。よくもまあ、テレビに出られたものだ。それとも、まさかこんな事態になると思っていなかったのか、あるいは、協会内で情報を共有できていないのか……。
 
 いずれにしても、メディアはすぐにでも裁判所に問い合わせて、いつ受理されていたのか、調べなければならない。
 
 スペインでの報道のとおり、1月半ばに受理されていたなら、組織ぐるみで受理確認のタイミングをここまで遅らせていたと言われても文句は言えない。日本サッカー協会の幹部は総辞職すべきだ。
 
 こんなこと、普通の企業で起きたら、緊急で株主総会が開かれて、会長、社長、関係者は責任を取ることになる。
 
 それに、普通ならスポンサーは降りるよ。こんなダーティな企業にお金を出していたら、スポンサー企業のイメージまでダウンしてしまうからね。
 
 これまでの日本サッカーの歴史を振り返ってみても、初めてと言える大問題だ。日本サッカー協会を改革するなら、今しかない。
 
 メディアは「次期監督」のスッパ抜きなんかに躍起にならず、協会の責任問題を追及するキャンペーンを張るべきだ。そうじゃないと、みんなの日本サッカーが一部の権力者の都合のいいようにされ、おかしくなってしまうよ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ