【セルジオ越後の天国と地獄】協会の責任問題を追及するキャンペーンを張るべきだ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年02月04日

協会は世間の目を「次期監督」に移そうとしている。

アギーレ監督だけを悪者に仕立てる? 協会の姿勢は疑問だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本サッカー協会で緊急会見が開かれ、日本代表のアギーレ監督との契約解除が発表された。
 
 その理由として、大仁会長は会見でこんなことを言っている。
 
「昨日2月2日の夜遅くにアギーレ監督に対する検察の告発が受理されたという事実が確認されました。アギーレ監督の告発が受理され、裁判が始まる可能性があります。我々としてはできるだけ影響が出ないように、そういうリスクを排除する必要があると考えました。ということで、今回アギーレ監督との契約を解除するという決断に至りました」
 
 どうも腑に落ちないのは、スペインの現地メディアや日本のメディアに検察の告発が裁判所に受理されたと報じられたのが1月半ばだったこと。それから半月ほどが経過してしまっている。
 
 その間、アジアカップで他国からも八百長のことを突っ込まれ、日本サッカーのイメージは悪くなる一方だった。
 
 アジアカップで優勝すれば、八百長問題に関係なく、指揮を続けさせようと思っていたのだろうか。ところが、ベスト8で敗退してしまったから、さっさと休暇を取らせ、いなくなってから発表したのか。
 
 アギーレにもこの件について語る権利はあるはずだ。それなのにアギーレだけを悪者にして、誰も責任をとらないで、この問題を終わらせようとしている。
 
 大仁会長が「3月の試合には間に合わせたいとは思っている」と言ったけど、これはメディアや世間の目を「責任問題」から「次期監督」に移そうとしているだけだ。メディアもサッカーファンも、こんな分かりやすい餌に食いついて、騙されちゃいけない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ