【日本代表 隠れ名勝負】フラット3の初披露…だけではなかったトルシエジャパンの初陣。指揮官らしさがいきなり全開!

カテゴリ:連載・コラム

飯尾篤史

2020年05月23日

会見では感極まり質疑応答を拒否…一体なぜ?

98年トルシエジャパンのエジプト戦フォーメーション。フランスW杯組のほか、奥、望月らが名を連ねた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

PKで新体制初ゴールを挙げた中山。これが決勝点となった。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 トピックは、ピッチの中だけではなく、試合後にもあった。

 会見場に姿を現わした指揮官は一方的に話したあと、質疑応答を拒否してロッカールームに引き上げてしまうのだ。

「人間の生死というものは、フットボールの本質を越えたものだ」
 伊東の母親の急死についてコメントするうちに、感極まってしまったということだった。選手の肉親の不幸に、他人事ではいられないという指揮官の態度は、信頼に足る人物だという印象を濃くした。もっとも、その後は奇行が目立つようにもなるのだが……。

 試合は呂比須ワグナーの獲得したPKを中山雅史が決めて、1-0でアフリカチャンピオンを撃破した。試合展開が白熱したわけではなかったが、フラット3の披露、アウトサイドの人選、会見での振る舞いなど、トルシエらしさが全開で、新生日本代表の可能性が浮かび上がるゲームになった。

 もっとも、翌日にはそうしたポジティブなムードをかき消すニュースが飛び込んでくる。横浜マリノスと横浜フリューゲルスの合併が発表されたのだった。

文●飯尾篤史(スポーツライター)
【関連記事】
【日本代表 隠れ名勝負】“ゾーンプレス”がハマった加茂ジャパンの歴史的快勝劇!欧州勢を相手に躍動したのは…
【日本代表 隠れ名勝負】世界を相手に指揮官も驚愕!絶頂の加茂ジャパンが披露した戦後最大の逆転劇!
【W杯アジア予選を突破した日】南ア行き決定の試合後、本田圭佑は言った「持ってるよな、あいつ」
「サッカーが嫌いに…」「物凄く辛かった」7か月で終焉したファルカンJAPANの真相【名勝負の後日談】
【名勝負の後日談】「ジーコの技は誰にも止められない」82W杯、ブラジル最高傑作のチームはなぜ敗れたのか?<後編>

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ