【黄金の記憶】風雲児・稲本潤一はアーセナルでなにを迷い、なにを決断したのか

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年05月06日

「球回しなんて経験したことがないレベルで」

アーセナルでは公式戦2試合の出場に終わった。しかもこのリーグカップ、ブラックバーン戦で痛恨のミスを犯してしまう。(C)Getty Images

画像を見る

 ティエリ・アンリ、デニス・ベルカンプ、ロベール・ピレス、パトリック・ヴィエラ、フレデリック・リュングベリなど、2001-2002シーズンのガンナーズ(アーセナルの愛称)には錚々たるワールドクラスが集結していた。トレーニングからして異次元の領域だったという。
 
「あまりにもレベルが違いすぎた。球回しなんて経験したことがないレベルで、パスは速くて強くて、正確。まったく獲られへん。チームでレギュラーを狙うという感覚にはなれなかった。仲が良かったのは、ブラジル人のエドゥとかコロ・トゥーレ。ベンチメンバー同士でよく一緒にいましたね」

 チャンスがゼロだったわけではない。ワーシントンカップ(リーグカップ)では2試合の出場機会を得た。だがそのパフォ―マンスが、散々なものだったのだ。
 
「ヴェンゲルには、体重管理だけはしっかりやっておけと言われてました。体重が増え始めたりしてたんで。でもリーグカップでねぇ……。プレミアのチームと対戦した時に、中盤のセンターで出たんですけど、僕がボールをかっさらわれて、そこから失点。次の瞬間には(ポジションを)サイドに回されて、前半で替えられてしまった。あれは落ち込みましたね、久しぶりに。ホンマに」
 
 アーセナルはそのシーズン、プレミアリーグとFAカップのダブル(2冠)を達成する。旧ホームスタジアムのハイバリーで、恥ずかしそうに優勝トロフィーを掲げる稲本。複雑な心境だったはずだ。
 
「みんな俺のこと知ってんのかなって思ってた。それくらい場違いな感じですよね。優勝パレードにも参加したし、いま思うとすごく貴重な経験はしたんですけど、当時は正直、はよ終わってほしいと思ってました」

 
 試合勘やコンディションを不安視されたものの、失意のシーズンを終えたあと、稲本は2002年日韓ワールドカップで躍動する。ベルギー戦とロシア戦でゴールを決め、たちまち“時のひと”となるのだ。
 
 そして彼は、1年でアーセナルを去った。新天地は西ロンドンのフルアム。プレミアリーグでの挑戦を続けたのは、稲本なりの意地もあっただろう。
 
「ワールドカップの勢いのまま行ってるから、最初から波に乗ってましたね。プレミアの舞台に絶対立ちたいと思ってたし、1年我慢してたものを思いきりぶつけられた。(ジャン)ティガナ監督が好んでたのは、中盤がダイヤモンド型の4-4-2。で、僕はトップ下。カップ戦(UEFAインタートトカップ)でハットトリックしたりとシーズン前半は調子も良かったんですけど、点が取れなくなると試合にも出れんようになったりで。自分のプレースタイルに迷ってる時期でしたね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ