VAR判定で取り消しに…“幻のゴール”を川崎の選手たちはどう受け止めたのか?

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年02月23日

所どころで良い連動は見せた

今季から4-3-3を導入した川崎は、無得点ながら良い攻撃を見せた。次戦につなげられるか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 川崎としては、試合終盤に猛攻を仕掛けながら、ゴールを最後まで奪えなかった点は課題として残るだろう。もっとも今季から新たに4-3-3システムを導入したチームとしては、件のネットを揺らしたシーンで、良い連係を見せられた点は収穫として捉えて良いのかもしれない。

 左サイドでボール回しながら、アンカーの田中が左SBの登里のフリーランを見逃さずにスルーパスを送り、そのクロスに、ウイングの家長、CFのL・ダミアンが反応して、フィニッシュまでつなげた。

 田中は「(ペナルティエリアの)ニアゾーンは誰が取るのか、誰が走るのかは共有できています。そういう形で何回かチャンスは作れているので、今後は精度と質、そして数を増やしていきたいです」と語る。
 
 また登里も「ローテーションではないですが、誰かがランニングしたところを、上手く使うことができています。そういう連動性は出てきているのかなと。出し手も味方の動きを見ながら出せる選手が多いので、しっかり使ってくれる。去年よりも、そういうシーンでのスプリントは増えていると感じます」とチームの変化を口にした。

 今回は残念ながらノーゴールの判定となったが、次は良い連動から、正真正銘の得点を奪ってもらいたい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【川崎 0-0 鳥栖 PHOTO】試合前にはフロン太がなんと"柔道"!?再会に喜ぶ選手たちの「胸アツ」ショットも!

【PHOTO】あなたもどこかに!?川崎×鳥栖を盛り上げたサポーター特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ