「涙が出そうになった」古巣・川崎との対戦で西部洋平&鄭大世が抱いた感情と印象

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年02月16日

温かい声援と拍手を受ける

試合後に古巣の川崎サポーターへ挨拶をした西部(写真左)と鄭大世。温かく迎えられた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ルヴァンカップ第1節]川崎5-1清水/2月16日/等々力

 ルヴァンカップの予選Aグループ初戦、川崎と清水の一戦は、川崎が試合を優位に進め5-1で勝利した。

 川崎のホームスタジアム、等々力陸上競技場で開催されたこのゲームでは、ゴールシーン以外でもある場面でスタジアムが沸いた。

 それは試合後の一幕。かつて川崎でプレーした清水の西部洋平、鄭大世と川崎サポーターとの触れ合いだった。

 試合終了後、西部と鄭大世は清水サポーターへ挨拶した後、今度は逆サイドのスタンドへ。恒例のパイナップル(過去に川崎に所属した選手にはサポーターからプレゼントされる)を受け取りながら温かい声援を受けた。

 言わずもがな、ふたりは清水の一員であり、今回の一戦でもチームの勝利のために全力を尽くしたことは間違いない。この日は1-5で敗れ、悔しさもあったはずだ。もっとも勝敗とは別にかつての仲間たちと健闘を称え合ったのだ。

 
 西部は「次、いつここに来られるか分からないので行きました」とおどけてみせながら「ちゃんとああいう形で(川崎サポーターの前に)行くのは初めてかもしれない。拍手と声援をもらって涙が出そうになりました」と振り返る。

 一方の鄭大世も「ああやって拍手してくれるのはやっぱり嬉しい。清水サポーターもそうですが、盛り上げてくれるのは、選手として本当にありがたい。(清水と川崎は自分が)一番功績を残したチームなので、幸せな気分でプレーしていました」と顔をほころばせた。

 ふたりにとっては忘れらない瞬間になったはずだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ