攻撃自慢の川崎で目を引く守備のキーマン。スタジアムをどよめかせるジェジエウのインパクト

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年02月23日

攻撃サッカーを最終ラインから支える

圧巻のスピードを誇るジェジエウ。CBとして川崎の攻撃サッカーを後方支援する。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第1節]川崎0-0鳥栖/2月22日/等々力

 リーグ開幕戦で鳥栖と対戦した川崎は、主導権を握りながらスコアレスで引き分けた。

 後半早々にはL・ダミアンがネットを揺らすも、VAR判定でゴールを取り消されるなど、1点が奪えず。ただ今季から導入した攻撃的システム4-3-3の効果は徐々に出ており、シュート19本を放ち、長い時間、相手を押し込むなど、優位に試合を展開した。選手たちもチャンスを作れた点に関してはポジティブに捉え、次戦へと目を向ける。

 もっとも川崎と言えば攻撃面がクローズアップされがちだが、より前がかりになるシーンが多い今季の戦い方で、目を見張るプレーを見せているDFがいる。

 それがキャプテンの谷口彰悟とCBを組むジェジエウである。昨季、加入したブラジル人助っ人はデビュー戦となった10節の仙台戦で圧巻のフィジカルとスピードを見せ付けて、サポーターのハートをすぐさま掴んでみせたが、その後は怪我もあり、尻すぼみのシーズンを送ってしまった。しかし、今季はキャンプから元気な姿を見せ、レギュラーポジションを確保。

 前からのプレスをベースとする新シーズンの戦い方では、後方に広大なスペースが空きやすく、相手にカウンターを狙われるリスクは高い。ただし、反撃を受けた際に光るのがジェジエウのスピードを活かしたカバーリングで、ピンチの芽を事前に刈り取ってくれるのだ。
 鳥栖戦では細かなミスも見られたが、相手とのスピード勝負では負けず、そのスケールの大きなプレーにはスタンドから大きな歓声が寄せられた。そうした期待に対してはやや恥ずかしそうに、しかし確かな口調でこう語る。

「今年はしっかりコンパクトな陣形を保って、カバーの距離を短くしなくてはいけません。そして今年のシステム、やり方では、常に集中して、カバーリングの意識を強く持っています。その点では自分のスピードを有効活用したいです。

(スピードは)自分の特長と捉えています。そして常に自分ができることを精一杯やっていきたいです。相手を抑え、サポータの皆さんに喜んでもらいたいです」

 ふと思い返せば、昨季リーグ優勝した横浜には、ずば抜けたスプリント能力を誇り、ハイラインサッカーを支えたCBチアゴ・マルチンスがおり、戴冠の立役者と称賛された。

 今季の川崎も横浜のように“超攻撃サッカー”を展開しそうだが、そのなかでジェジエウがこなす働きは相当に大きなものになるだろう。新シーズンの川崎は攻撃陣もそうだが、このCBに注目して観て見るのも面白いだろう。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【川崎 0-0 鳥栖 PHOTO】試合前にはフロン太がなんと"柔道"!?再会に喜ぶ選手たちの「胸アツ」ショットも!

【PHOTO】あなたもどこかに!?川崎×鳥栖を盛り上げたサポーター特集!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ