昌子源、ガンバ移籍会見で明かした「鹿島で習ったこと」とは? 長引いた怪我、中学時代の挫折にも言及

カテゴリ:Jリーグ

飯間 健

2020年02月06日

「1年目だろうが、1日目だろうが関係ない」

13年ぶりの古巣復帰となる昌子。中学時代は挫折も経験したと告白。写真:徳原隆元

画像を見る

 会見では何度も鹿島絡みの質問やコメントが飛び出した。「鹿島に恩義を感じているのは事実です」。それは偽らざる本音だろう。一方の「ガンバに決まった以上は、このチームでタイトルを取るためにやっていく」という言葉も本音だ。まだ右足首の状態確認のため別メニュー調整中で、本格合流の時期も未定。それでも『常勝軍団』と謳われる鹿島で計6冠獲得に貢献したセンターバックは、早くもリーダーの風格を漂わせている。


「ガンバが目指せるものすべてに僕の力をすべてもたらしたい。引っ張る覚悟です。そこは1年目だろうが、1日目だろうが関係ない。それは鹿島で習ったし、チームは違えど、還元できると思う。結局、サッカーは優勝チームと、優勝していないチームに分かれる。2位以下は一緒。優勝あるのみ。優勝する雰囲気を自分から発信していきたい」

 運命の糸に導かれるように、13年の歳月を経て邂逅を果たした昌子とG大阪。見据えるのは5年ぶりのタイトル獲得だけだ。

取材・文●飯間 健

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ