【日本代表】「トミ! トミ!」記者席にまで届いた昌子源の“声”にCBの矜持を見た

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年06月10日

「自分は自分の良さを試合で出すだけ」

エルサルバドル戦では腕章を巻いてプレー。3バックの中央に入り、冨安、畠中と上手く連係しながら、隙のないディフェンスで失点を許さなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2019]日本×エルサルバドル/6月9日/ひとめぼれスタジアム宮城
 
 トリニダード・トバゴ、エルサルバドルと対戦した6月シリーズで、森保ジャパンでは初めて3-4-2-1システムが導入された。様々なポジションで様々な選手が試されたなか、3バックの顔ぶれは2試合とも変わらなかった。
 
 右から冨安健洋、昌子源、畠中槙之輔。2試合とも3バックの中央でプレーした昌子は「ふたりともすごく良い選手」と冨安、畠中について語り、「彼らの強みは対人だと思っている。そこを活かせるように、僕はできるだけ後ろでサポートしようと考えていた」と続けた。
 
 冨安も畠中も、昨夏のロシア・ワールドカップ以降、代表の一員となった選手。つまり森保一政権下で台頭してきた“新戦力”だ。さらに、今回は招集されなかった吉田麻也ほか、エルサルバドル戦を前に負傷離脱した槙野智章、鹿島の元チームメイトの植田直通、東京五輪世代の有望株である中山雄太など、ベテランから若手までCBは多士済々だ。
 
 レギュラー争いはますます激しくなりそうだが、エルサルバドル戦ではキャプテンマークを巻いた昌子は「CBにもいろんな選手が出てきたけど、自分は自分の良さを試合で出すだけです」と言い切る。
 
 では、昌子の良さとは何か。そのひとつが「声」だ。
 
 エルサルバドル戦で、試合が始まってしばらくすると、隣に座る同僚が問いかけてくる。「あれ、昌子の声ですよね? めっちゃ聞こえてきますね」。
 
 たしかに記者席にもその声は届いていた。たとえば「トミ! トミ!」と、冨安を呼ぶ背番号3の大きな声が。
 
「たぶん、(観客の)みなさんは試合に見入っていたと思うんですよ」(昌子)
 
 会場を盛り上げ、選手たちを後押したのは間違いないが、これまでの日本代表の試合と比べて、応援が途切れたり、声援の“ボリューム”がやや大人しかった印象ではある。試合が行なわれた「ひとめぼれスタジアム宮城」にはトラックがあり、スタンドとピッチの距離が多少、離れていることも関係していたかもしれないが、いずれにせよ「声がよく通った」(昌子)ようだ。
 
 その声、指示がよく聞こえたと、昌子に告げると「それもひとつ俺の強みやと思うから」と応じる。
 
「90分間、ずっと叫んでいたつもりだし、そうやって『聞こえたよ』っていうのは、僕にとっては誉め言葉。昌子選手の声しか聞こえなかったよっていうぐらい、ずっと声を出すのが、僕はCBだと思うので」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ