【選手権準決勝プレビュー】青森山田×帝京長岡|攻撃力は五分。より一層のハードワークで主導権を握るのはどちらか

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2020年01月10日

青森山田はゲームプランごと破壊する強みが…

ここまで無失点で勝ち進んでいる帝京長岡。GKの猪越を中心に青森山田の攻撃を防ぎ切れるか。写真:早草紀子

画像を見る

 昌平も帝京長岡同様に全体の技術レベルが高いチームで、常に縦にベクトルを向けたサッカーで青森山田を最後まで苦しめた。しかし、明暗を分けたのが立ち上がりの失点だ。「相手は立ち上がりからガツンと来ることは分かっていた」と昌平・藤島崇之監督が語ったように、青森山田は前への強度を前面に出して立ち上がりから襲いかかってくることを把握していたが、結果として10分と19分に失点し、前半だけで3失点したことが最後まで響いた。これは3回戦の富山第一戦にも言えることで、富山第一は7分に失点し、そのまま押し切られた。

 相手のゲームプランを軌道に乗せる前にプランごと破壊してしまうのが青森山田の最大の強みと言っていい。だからこそ、帝京長岡はいかに先制点を与えず、その間に出来るだけ早くゲームプランを軌道に乗せることが出来るかがポイントになる。

 帝京長岡は今大会屈指のGK猪越優惟(3年)、愛媛FC内定のDF吉田晴稀(3年)、運動量とボール奪取力の高いアンカーの川上航立(2年)など、守備力の高い選手がおり、県予選からこれまで8試合連続無失点と安定している。3バックとアンカーの4枚で守っているだけに、いかに競り合いだけでなく、セカンドボールの回収を怠らずにやり切れるか。より一層のハードワークが求められる。

 果たして1月13日にファイナリストとして2度目の埼玉スタジアムのピッチに立つことが出来るのはどちらのチームか。何れにせよ冒頭に触れたように準決勝に相応しい、ハイレベルなゲームになるだろう。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【選手権PHOTO】青森山田3-2昌平|前回王者が昌平の追い上げをかわして"2連覇"へ前進!

【選手権PHOTO】帝京長岡1-0仙台育英|開始1分の決勝弾で帝京長岡が4強入り!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ