【選手権準決勝プレビュー】青森山田×帝京長岡|攻撃力は五分。より一層のハードワークで主導権を握るのはどちらか

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2020年01月10日

前回王者・青森山田に『最強世代』帝京長岡が挑む!

青森山田と帝京長岡の準決勝予想スタメン。

画像を見る

 高円宮杯プレミアリーグ優勝に続く2冠と2連覇を狙う青森山田と、地元・長岡で生まれたタレントを長時間かけて育て、かつ県外から技術レベルの高い選手を加えて『最強世代』を迎えた帝京長岡という、実力的にもエンターテイメント的にも準決勝に相応しいカードとなった。

 青森山田のスタイルは一貫している。全員がハードワークを怠らない前線からのハイプレスに加え、プロ注目の2年生・藤原優大と高円宮杯プレミアリーグファイナルMVPの箱崎拓(3年)のCBコンビを中心にした『ゴールを隠す守備』で、相手の攻撃をシャットアウトする。

 そして攻撃は奪ってから強度とスピードを持ってゴールをこじ開けるが、ただ速いだけではない。ボランチの横浜FC内定の古宿理久(3年)、スーパールーキー・松木玖生(1年)、左アタッカー・浦川流輝亜(3年)、トップ下の浦和レッズ内定の武田英寿(3年)などと戦術眼と技術を兼ね揃えた選手を揃え、打開力は高い。

 それに対し帝京長岡も技術レベルではトップクラスの部類に入る。驚異の左足を持つMF田中克幸(3年)、京都サンガ内定の谷内田哲平(3年)、独特のドリブルを持つFW矢尾板岳斗(3年)、スピードアタッカーの左ウィングバックの本田翔栄(3年)と中盤の構成力は多彩でハイクオリティ。そしてずば抜けた決定力を誇る町田ゼルビア内定のU-18日本代表FW晴山岬(3年)が攻撃を締めくくる。

 攻撃力は五分。それだけにこの試合は帝京長岡の守備が大きなポイントになる。参考になるのが青森山田の準々決勝・昌平戦だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ