【考察】国内最強ウインガー仲川のシャドーは適正ではない。起用法を再考すべし

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年12月15日

ウイングのポジションを作ってしまうか

「どんなシステムでもサッカーの原理原則は変わらない」。それならウイングを置く布陣も考えてみてはどうか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 起用法を提案するなら、ウイングバックだ。サイドに大きく開いた位置から仕掛けられるこのポジションは、横浜で担うウイングにもっとも近い感覚でプレーできるはずで、間違いなくシャドーよりは特徴を発揮しやすい。

 攻撃的なプレースタイルで上背もない仲川はディフェンス面に不安があるかもしれないが、それでも今季の横浜ではプレスバックをしっかりこなしていた。スタミナの面では問題はないはずだし、守備の意識も低くはない。十分に務まるだろう。それに横浜で左ウイングを務める遠藤渓太が代表ではウイングバックで使われているのを踏まえれば、仲川に置き換えて考えてみても、まったく不思議ではない。
 
 もしくは、ウイングのポジションを作ってしまうか。つまり3トップを置くシステムにするということだ。指揮官が「サッカーにおいては、どんなシステムでも原理原則は変わらない」と言うのであれば、なにも森保監督が就任当初から採用する3-4-2-1、もしくは2トップの一角が下がり目の4-4-2(4-2-3-1)にこだわる必要もないだろう。

 むしろ、両サイドにより個の打開力が求められる4-3-3や3-4-3を使ってみたら意外とハマるかもしれない。今後のひとつのオプションとして、ウイングを置くシステム――いわゆる“仲川システム”を試してみてもいいのではないか。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ