【セルジオ越後】関心の低さが際立つE-1選手権。欧州組優先のスタンスも期待感のなさにつながっているよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月11日

この試合であまり、ああだこうだと言う価値を感じない

中国戦で先制アシストをマークした森島だが、結果を出しても継続的に起用されなければ融合や底上げにはつながらない。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 韓国で行なわれているE-1選手権の中国戦で、日本は2-1の勝利を収めた。いい時間帯で得点を奪って、最後は1点差に追い上げられながらもなんとか90分で勝ち切った。最後は冷や汗をかかされたけれどね。

 両方ともベストメンバーではないうえに、シーズンが終わったばかりでコンディション的にも良くなかったはず。閑古鳥が鳴くようなガラガラのスタジアムが、この試合への関心度の低さを象徴していた気がするよ。

 テーマとしては、国内組だけのメンバーでどれだけやれるのか。今季のJリーグで活躍した選手たちがアジアレベルでも実力を発揮できるのか、というところにあったと思うけど、試合を観る限りでは、もうちょっとやれることはあったと思うよ。日本は少し相手をリスペクトし過ぎたんじゃないかな。

 相手はかなりの激しさを持って日本に挑んできた。荒っぽいプレーと同時にピンチも作られたけど、終盤は引き過ぎたことで危ない場面が多くなってしまった。同様に、攻撃面でもこれまでは日本がボールを支配することが多かったけど、今回は中国の方が主導権を握って日本がカウンターを狙う場面も多かった。

 ただ結局はベストメンバーじゃないから、なんとも評価が難しい。いろんな制約があるなか“かき集めて”作ったチームでなんとか勝利を手繰り寄せた、という印象だ。だから、この試合であまり、ああだこうだと言う価値を感じない。


 それでも、サンフレッチェの森島はまずまずの出来だったんじゃないかな。とくに前半は先制点のアシストのシーンをはじめ、よく前線の上田や鈴木、遠藤たちと絡んでチャンスを作っていた。もちろん後半はだいぶ運動量が落ちたから、90分を通じて攻守に絡むというところが課題と言えるね。

 そのうえ、2列目あるいはシャドーのポジションは堂安や久保、A代表では中島、南野、それに今大会にも招集された仲川などもいる。中国戦のような出来で良かったとしても、次にチャンスがもらえるかは分からないよ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ