“優等生”な長男と“いたずらっ子”の次男――2人の息子たちから読み解くメッシの「二面性」【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

エル・パイス紙

2019年11月08日

普段はヒツジのように温厚だが、突然オオカミのような獰猛さを

 我々はメッシのちょっとした仕草や振る舞いから、はては沈黙に陥った時ですらこの天才の心情を探ろうとする。前述のスラビア・プラハ戦直後も、ルイス・スアレスに慰められながらメディアの前に姿を現したメッシの表情を見て怒りを抑えていると我々は解釈したが、実際のところは彼にしか分からない。

 いずれにせよメッシが負けず嫌いなのは周知の事実であり、そしてベテランと呼ばれる年齢に差し掛かり、勝つチャンスが確実に少なくなっている。プレースタイルも以前のように独力で局面を打開するよりも、チームメイトと連携しながら攻略するというチームプレーヤー的な資質が顕著になってきた。それだけ悲願となっているCLを奪還するためには、周囲の力を必要とする度合いが高まっているわけだ。

 あくまで想像の域を出ないが、バルサが敗れて自宅に戻った意気消沈したパパに対して、チアゴ君が優しく慰める中、マテオ君がその周囲でふざけイジっているというメッシ家での一コマが容易に頭に浮かんでくる。デビュー以来、寡黙な性格も手伝い何かとミステリアスな部分が強調されてきたメッシであるが、こうした家族の存在を通して我々は彼の内面を垣間見ることができるようになった。
 
 ただ子供は3人とも右利きで、その意味ではメッシはやはり特別な存在なのだろう。普段はヒツジのように温厚だが、突然オオカミのような獰猛さを見せる。

「バルサが心掛けるべきは、メッシを常に満足させること」

 かつてジョゼップ・グアルディオラはこう警鐘を鳴らしていたが、この言葉の持つ意味を我々は改めて噛み締めるべきだろう。

文●ラモン・ベサ(エル・パイス紙バルセロナ番)
翻訳●下村正幸

※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ