【広島】重要度が高まってきた3-4-2-1のシャドー。“特に今”、彼らの得点力が不可欠な理由

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年10月30日

積み上げてきたパスサッカーは着実に成熟してきている。

 広島は今季から本格的に城福浩監督の下で3-4-2-1システムを採用し、昨季の堅守速攻から“ボールを保持すること”に重きを置いたが、正直に言えば序盤戦はポゼッションできているとは言い難かった。ただ、シーズン通して着実に練度を高めてきたおかげで、今では相手を押し込める試合が格段に増えている。浦和戦のポゼッション率も61%だ。

 シーズン終盤に差し掛かってきた今、序盤戦と比べて攻撃面は飛躍的に進歩したと感じる。チャンスが多ければ見ている側としても楽しく、そのサッカーは魅力的だ。これは筆者だけでなく、クラブに携わる関係者と話をしていても、「今の広島は良いサッカーをしている」とよく聞く。

 浦和戦後、青山敏弘は「やってきたことが決して出せていないわけではない」と言っていた。積み上げてきたパスサッカーは着実に成熟してきている。だからこそ、その進んでいる道が間違っていないと証明するためにも、結果が出て欲しいと思う。そして相手を押し込めるようになった今、<何度も繰り返しになるが>その結果を出すためにもシャドーの得点力が不可欠なのである。

 どうしたら決定力が上がるのか、いつもどうしてもその答えを求めたくなる。選手や監督は、「プレー精度」「チャンスを作り続けるしかない」「(シュートが)決まらない日もある」といった類のことを教えてくれる。たしかに、森島司が2、川辺が1得点を決めた神戸戦は6-2で大勝したし、清水戦はパスで崩し切って2-1で勝利した。

 やはり、結果を出すためには今のパスサッカーの質をより向上させるしかないのかもしれない。いずれにせよ、現スタイルを信じ続ければ、広島はもっと強いチームになるはずだ。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ