【広島】守護神・大迫敬介から見える視界で納得した「堅守の秘訣」

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年09月01日

「結果的に僕が止めた場面もありましたけど…」

大迫は磐田戦も無失点で抑えた。写真●茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ25節]磐田 0-2 広島/8月31日/ヤマハ
 
 広島が磐田に押し込まれた時間は長かった。実際、シュート本数は広島の9本に対して、磐田は12本と上回っている。それでも、無失点で凌ぎきった。これは決して運ではない。
 
 好セーブを連発したGK大迫敬介はこんなことを言っていた。
 
「前半も何本か僕のところに(シュートが)飛んできて、結果的に僕が止めた場面もありましたけど、味方の選手がしっかりと寄せてくれて相手にプレッシャーを与えてくれたからこそ、自分の身体の近くに飛んできていると思います。そこは練習のところから味方の選手とすり合わせている部分なので、それが今は上手く結果として出ているのは凄くポジティブなことだと思います」
 
 外から見れば大迫の好セーブとして映るが、GKからの視界は違う。味方がシューターに対して身体を投げ出し、シュートコースも限定しているからこそ、守護神はボールがどこに飛んでくるか分かるということだろう。
 大迫の言う「すり合わせ」について、野上結貴はこう述べている。
 
「ある程度、シュートコースを切りながら、打たれてもサコ(大迫)がいる。一人ひとりのやるべき役割もしっかりできています。僕らがファーを切って、サコがニア。あとは股を通されないようにというのも話しています」
 
 野上のコメントを聞いても、大迫の視界ではシュートコースはほとんど絞られていることが窺える。広島が誇る堅守の原動力は、このGKとDFの連係だ。だからこそ、たとえ押し込まれて多くのシュートを打たれたとしても、野上は「そんなに、ヤバイと思ったシーンはないんじゃないかな」と口にするのだろう。
 
 これで現在、今季の18失点はリーグ最少。広島の守備はこれからも、そう簡単には大崩れしないはずだ。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ