【J1採点&寸評】広島1-1浦和|先制弾の岩波がMOM!痛恨オウンゴールの橋岡は…

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年10月29日

広島――荒木は興梠を上手く抑えていた。

【警告】広島=ハイネル(79分)、柏(90分) 浦和=鈴木(40分)
【退場】広島=なし 浦和=なし
【MAN OF THE MATCH】岩波拓也(浦和)

画像を見る

[J1リーグ31節]広島 1-1 浦和/10月29日/Eスタ
b
【チーム採点・寸評】
広島 5.5
川辺を中心に攻め込んだが、プレー精度を欠いて再三チャンスをフイにした。先制点も許す悪い流れだったものの、オウンゴールで運良く引き分けにした。

【広島|採点・寸評】
GK
38 大迫敬介 5
岩波のシュートに反応するも、惜しくも手は届かなかった。後半にはビルドアップ時にボールロストする危ういシーンもあった。

DF
2 野上結貴 5.5
狙いは非常に面白いのだが、何度か縦パスを引っかけてしまっていた。1対1や空中戦では強さを見せていた。

23 荒木隼人 6
常に興梠を近くに捉え、相手のエースを徹底的にケアした。攻撃時の組み立てでも、問題なくスムーズにボールを動かせていた。

19 佐々木翔 6
際どいコースへの縦パスも上手く通した。左サイドの攻撃を後方から支援していた。
MF
6 青山敏弘 5.5
この男が中盤の底でパスを捌けば、ゲームの主導権が広島に傾いた。ただ、インターセプト直後のパスミスだけは何度かあった。

15 稲垣 祥 6(80分OUT)
攻撃時には近場でパスコースを作って味方をフォロー。守備面ではセカンドボールをすぐに拾える良いポジションを取っていた。

44 ハイネル 5.5(88分OUT)
序盤はタッチがおぼつかなかったが、徐々に状態を上げていった。60分には惜しいミドルも放ち、運動量も豊富だった。

18 柏 好文 5.5
ドリブルで仕掛けるだけでなく、スルーパスでもアイデアを見せた。15分には鋭いカットインからシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ