「見苦しいかもしれないけど」2試合連続ベンチ外の中村俊輔は今、何を思う?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年10月21日

納得する形でなければ、幕を下ろすつもりはない

京都戦翌日の練習後、ひとりでグラウンドを走る俊輔。苦しい状況が続いているが、いつ出番がきてもいいように準備はしている。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 当然ながら、試合に出られない現状に甘んじているわけではない。2試合連続メンバー外になっていることについては、「めちゃくちゃ悔しい」と正直な想いを吐き出す。

 試合に出られなければ、悔しいし、なにくそ、という気持ちになる。41歳になっても、ある意味、若い頃のように気力がみなぎってくる。「だから、大丈夫だよ」と、俊輔は静かに言う。

 ベテランと呼ばれる年齢になっても、変に余裕ぶらない。がむしゃらに、ポジションを奪い返そうとしている。

 そんな自分が周りからどう見られているのか、俊輔も十分承知している。かつてチャンピオンズリーグの舞台でも活躍した元日本代表の10番が、今はJ2のクラブでベンチ外の立場で、必死にもがいている。

「ちょっと“イタイ”っていうかね、見苦しいかもしれないけど」

 だが、俊輔は世間体を気にしたり、体裁を取り繕うようにカッコつけたりはしない。過去には、J1にいるうちに引退したらどうか、と勧められたこともあったというが、俊輔は耳を貸さなかった。

 引き際は自分で決める。なんのために、ここまで現役を続けてきたのか。理想とするフットボーラー像がある。自分にしかできないプレーがある。“ファンタジスタ”としての意地やプライドがある。納得する形でなければ、幕を下ろすつもりはない。このままベンチ外で終わるわけにはいかない。

「41歳になっても、こうやってサッカーをやらせてもらっているんだから」

 なによりも、感謝の気持ちがある。周囲の期待に応えるためにも、自分が信じるプレーで再び、輝きを放つためにも。ブレない心で、俊輔は走り続ける。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


【毎節恒例】「突撃SDカメラマン」ルヴァン杯準決勝、J1第29節を盛り上げたサポーター特集!

【サポーター必見】カメラマンが厳選するルヴァン杯準決勝、J1第29節の"ベストショット"ギャラリー!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ