【森保ジャパン最新序列|MF&FW編】ボランチ&中盤2列目の争いが激化!モンゴル戦でアピールした遠藤、伊東の立ち位置は?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年10月13日

伊東の活躍を見た堂安はタジキスタン戦でどうアピールするか

モンゴル戦で活躍した伊東。周囲からの評価も高まっている。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト編集部)

画像を見る

【サイドハーフ】
◎中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
◎堂安 律(PSV/オランダ)
〇伊東純也(ヘンク/ベルギー) 
〇久保建英(マジョルカ/スペイン)
△原口元気(ハノーファー/ドイツ)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 これまでは、左の中島、右の堂安が鉄板の組み合わせだった。しかし、モンゴル戦では堂安に代わって先発した伊東が3アシストと結果を残し、風向きが変わりつつある。スピードを活かした縦への突破という自らの武器を提示した伊東は、今後も貴重な戦力として計算されるだろう。

 さらにモンゴル戦では出番のなかった久保、経験豊富な原口も控え、競争はさらに激しくなるはず。その意味でも、モンゴル戦で伊東の活躍をベンチから見守った堂安が、次のタジキスタン戦で、どんなパフォーマンスを見せるのか注目したい。
【2トップ】
◎南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
〇永井謙佑(FC東京)
〇鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
△浅野拓磨(パルチザン/セルビア)
△久保建英(マジョルカ/スペイン)
 
◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー
 
 太ももを負傷した大迫を欠くなかで臨んだモンゴル戦は、CFに永井、セカンドトップに南野というコンビでスタート。南野は10月2日のチャンピオンズ・リーグのリバプール戦で1ゴール・1アシストと結果を残したように好調をキープし、攻撃陣を牽引。貴重な先制点を挙げるなど、チームに不可欠な存在だと改めて証明した。
 
 また永井も素早い動き出しでボールを引き出し、ゴールもマーク。及第点のプレーをしたと言えるだろう。この新2トップは大迫不在時のオプションとして、良い選択肢になりそうだ。
 
 一方、タジキスタン戦で焦点になるのは、鎌田、浅野、久保の起用法。もし出場機会が巡ってきた時に、彼らは自らの力を示せるか。さらなる序列変動を起こしてもらいたい。
 
文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ