【森保ジャパン最新序列|DF&GK編】モンゴル戦を経ての変化は?冨安負傷でチャンスを掴みそうなCBに注目

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年10月13日

GKは権田がシュミットと川島をリード

快勝したモンゴル戦後の森保ジャパンの序列。最終ラインは大きく顔ぶれは変わらないが……。

画像を見る

 10月10日に埼玉スタジアム2002で行なわれたカタール・ワールドカップ・アジア2次予選の第2戦、モンゴル戦に6-0と快勝した森保ジャパン。同15日にはアウェーでのタジキスタン戦(パミール・スタジアム)に臨むが、モンゴル戦を経て各選手の立ち位置はどう変化したのか。ここではGKとDFについて最新序列を考察する。
 
【GK】
〇権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
△シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)
△川島永嗣(ストラスブール/フランス)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 先のモンゴル戦は、シュミットの先発の可能性もあったが、森保一監督が起用したのは権田だった。これで権田は9月のパラグアイ戦(キリンチャレンジカップ)、ミャンマー戦(カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の初戦)を含めて、3試合連続でのスタメン出場。現状でシュミットと川島をリードしている状況だ。

 もっとも、シュミットはGK陣で唯一、所属クラブで定位置を掴んでおり、今後のアピール次第では正守護神の座を奪い返すチャンスも訪れるはず。ポテンシャルも考えれば楽しみな存在と言える。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ