【森保ジャパン最新序列|MF&FW編】ボランチ&中盤2列目の争いが激化!モンゴル戦でアピールした遠藤、伊東の立ち位置は?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年10月13日

ボランチは柴崎の相棒の座を遠藤と橋本が争う

森保ジャパンの最新序列。ボランチと中盤2列目では定位置争いが激しくなっている。

画像を見る

 10月10日のカタール・ワールドカップのアジア2次予選の第2戦、モンゴル戦(埼玉スタジアム2002)に6-0と快勝した森保ジャパンは、15日に予選の第3戦として、敵地のパミール・スタジアムでタジキスタンと対戦する。モンゴル戦は通常のレギュラーから、数人のメンバーを入れ替え、ゴールラッシュを披露したが、その一戦を経てメンバー23人の評価はどう変わったのか。ここではMFとFWの最新序列を紹介する。

 
【ボランチ】
◎柴崎 岳(デポルティボ/スペイン)
〇遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
〇橋本拳人(FC東京)
△板倉 滉(フローニンヘン/オランダ)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 司令塔の柴崎が軸であることに変わりはないが、モンゴル戦では柴崎とのコンビで先発した遠藤が、レギュラー返り咲きへ猛アピール。セットプレーでは空中戦の強さを活かして味方の得点を演出し、チーム5点目もマーク。試合終盤には強烈なミドルで鎌田の代表初得点も導き出すなど、存在感を見せ、指揮官の評価を上げはずだ。所属するシュツットガルトでは出番に恵まれないが、コンディション面の不安を払拭したのも大きい。

 もっとも9月のパラグアイ戦(キリンチャレンジカップ)とミャンマー(カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の初戦)で柴崎とともにスタメン出場したのは、Jリーグで首位争いを演じるFC東京の橋本だ。前述の2試合で、橋本はまずまずのパフォーマンスを示しており、今後も柴崎の相棒の座を目指す争いは続くだろう。

 また東京五輪世代の板倉は、所属するフローニンヘンではCBとしてプレーするが、コパ・アメリカでは柴崎のパートナーとしてまずまずの働きを見せており、これからが楽しみな人材である。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ