• トップ
  • ニュース一覧
  • 【岩政大樹】競争意識は高まり、戦術の幅も広がったモンゴル戦。あえて注文を付けるなら…

【岩政大樹】競争意識は高まり、戦術の幅も広がったモンゴル戦。あえて注文を付けるなら…

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2019年10月11日

上乗せしていくとしたら…

最終予選を睨んだセットプレーの改善が見られたモンゴル戦。酒井宏樹(左)や吉田麻也(右)の競り合いの強さに期待が集まる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る


 6−0ですから、よくない点を挙げるのは簡単ではない試合です。”伊東選手を起用した場合の右サイド”はひとつ、森保ジャパンの戦術の幅を広げる試合になりました。選手たちは最後まで意欲的にプレーを続け、モンゴルに付け入る隙を与えませんでした。結果も出しました。

 その上で、上乗せしていくとしたら、今日の相手のようには外からの単純なクロスで得点が取れない相手に対した時の攻め手の提示でしょうか。レベル差のある相手に対し、最も効果的なのは確かにサイドからのクロス攻撃です。それは前述したように、ディフェンダーが適切なポジションを取り続ける習慣がないから。普段はその必要がないわけですからね。

 しかし、レベルが同等か、それ以上の相手には今日のような外からのクロスでは、いくら質が高くても、体格に劣る日本では確率高くゴールを落とし込むのは難しいでしょう。その時に必要な上乗せという点では、少し物足りなかったかもしれません。


 サイドバックの外からではなく、より内側のセンターバックとの間まで潜り込んでいくための方策、外を空けるための中の崩し、そのバリエーションは大量得点が入った後にもう少し見たかったところではありました。

 ただ、チーム内の競争意識はより高まり、戦術の幅が広がり、何より結果を出して、しっかりとした歩みを進めることができたことは確か。次はより技術的にも戦術的にも整備されたタジキスタンとの試合になります。日本代表のレベルアップのためにも、もう少し拮抗した試合を期待します。

【著者プロフィール】
岩政大樹(いわまさ・だいき)/1982年1月30日、山口県出身。鹿島で不動のCBとし2007年から前人未踏のJ1リーグ3連覇を達成。2010年の南アフリカW杯メンバーにも選出された。現在は解説者として活躍中。

【関連記事】
【セルジオ越後】「日本対モンゴル」みたいなセンスのない予選方式がアジアを弱小エリアにしている
「ビッグクラブも目を見張ったはず」ザルツブルクの日韓両エースを海外メディアが称賛!
【モンゴル戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【釜本邦茂】FIFAランク183位との試合に違和感はあるが…大勝のポイントは伊東純也のサイド攻撃だ
まるで勝ったかのようだ…0-6の惨敗でもモンゴルサポーターが上機嫌だったワケ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ