【釜本邦茂】FIFAランク183位との試合に違和感はあるが…大勝のポイントは伊東純也のサイド攻撃だ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月11日

敵陣を深くえぐってからのマイナスのクロスは、引いた相手にもかなり有効だった

モンゴル戦では伊東のサイドアタックが効果を発揮。3つのゴールをお膳立てした。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 モンゴル戦は6対0というスコア以上に差を見せつけての大勝だった。シュート数も日本が30本以上を放ったのに対し、相手はゼロと言うから驚きだ。

 もちろん、勝点3を獲得して失点もなく終われたわけだから、何も言うことはないが、ただチャンスの数から言えば、もう少し点が取れたんじゃないかとは感じるよ。正直、あまりにもレベルの差があり過ぎるし、AFC(アジアサッカー連盟)はもう少しやり方を考えるべきだ。今の日本がFIFAランキング183位のチームと試合をしなければいけないという状況にはちょっと違和感もあったね。

 ただ、それはさておき、今回は自陣にきっちり引いた相手に対して、立ち上がりこそややもたついたが、大量得点を奪って勝利できたのは好材料と言える。ポイントになったのは、3アシストの伊東純也が見せたサイドからの崩しだろう。サイドバックの酒井や中央の南野とのコンビネーションで、敵陣を深くえぐってからのマイナスのクロスは、引いた相手にもかなり有効だった。

 これまで右サイドは堂安が務めていて、やや中へ中へ入ってきて真ん中が渋滞する傾向があったけれど、この日は周りも伊東のスピードを活かすようなスムーズな連係で攻撃ができていた。伊東もそれを分かっていたと思うし、シンプルにタイミングよくクロスを上げることで、中で合わせる選手との息も合っていたように思う。
 
 その一方で、左の中島は持ち前のドリブルで積極的に仕掛けていったが、相手もドリブルで来ることを分かっていて、2枚、3枚とマークが付いて、なかなかいつものように崩し切るところまでは持っていけなかった。そうしたなかで伊東のスピードを活かした縦への突破はアクセントになっていたし、それが南野や長友、永井のゴールにつながった。

 やはり攻撃面では、選手の特性をしっかり引き出して、チームの中で活かすことが重要だ。モンゴル戦では、とりわけ右サイドにそうした個性を活かそうという意図がよく見えたね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ