タイ1部リーグで旋風を巻き起こす日本人指導者。快進撃をもたらした指揮官が明かす舞台裏とは

カテゴリ:海外日本人

佐々木裕介

2019年09月11日

リーグ上位5チームの中で強化費や選手年俸は断トツに低いが…

サムット・プラカーン・シティFCの練習風景。村山監督のほか、日本人コーチ3名も指導にあたる。写真:佐々木裕介

画像を見る

――なるほど。では、指導されていて難しいと感じるポイントはどこでしょうか?
「この国の文化がサッカーにも影響しているんだなと。また選手へ伝わっていると思っていたことが伝わっていなかったことが多々あったりと、意志疎通が非常に難しいなとも感じています。我慢が苦手な気質の彼らに対してどういう方法で歩み寄れるのか、まだまだ日々試行錯誤しているような状況です」

――そうは言われますが、現在リーグ5位。奮闘は誰もが認めるところです。
「タイサッカー関係者の間では“サムットプラカーンのタイ人選手はすごく良い”と言われているようですが、リーグ順位トップ5の中で、強化費や選手年俸はウチがダントツに低いんです。その中でも勝つためにどうやっていくか、クラブ理念は活きていると思っています。タイ人はボールを持った時に仕掛ける力は日本人よりもあると感じるのですが、相手との駆け引きだったり、状況判断能力が乏しかったり、また守備意識も低いんですよ。なのでウチでは、日本で育成年代に教えられる指導をいまトップチームでやっている状況です」

――先程、ピッチサイドにはオーナーの姿も拝見出来ました。
「はい、毎日観に来られています。オーナーからはよく“ムラヤマさんは日本人だから我慢出来るでしょう?”と言われるんです(苦笑)。要は日本の指導理論をタイ風に“アジャスト”出来るでしょうということなのでしょうが、ここではそれが一番重要なことなのかなと感じてもいます。これだけの練習環境と理解のもとで仕事をさせてもらえている、オーナーには感謝しています」

――チームの快進撃が今後も続けば、日本でも興味を持つファンや関係者も増えそうですね。
「正直、私の功績なんてどうでも良いんです。日本にいる多くの指導者がアジア市場へ目を向けて興味を持ってくれて、私自身挑戦してみたものを日本へ持ち帰ってこそ、日本サッカーがより良くなると思っているので、私がいま経験して感じたことを皆に共有できれば良いなと思っています」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ