「クボの技術は申し分ないが…」鳥栖の前指揮官カレーラス氏に直撃!久保建英はマジョルカで成功できるのか?

カテゴリ:サッカーダイジェストWeb編集部

山本美智子

2019年09月10日

マジョルカで成功するために必要なのは?

4月に行なわれたルヴァンカップで、カレーラス率いる鳥栖を相手に決勝点となるFKを決めた久保。スペインに渡ったのはその2か月後だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 久保はマドリーに残るのではなく、マジョルカへのレンタル移籍を選んだ。その選択については、どうのように考えているのだろうか。

「カスティージャをセグンダ(2部)に昇格させられるための選手を失ったのだから、(監督の)ラウール(・ゴンサレス)は残念がっているかもしれないね。でも、バルサやレアル・マドリーのようなビッグクラブは、そういった観点で若手を見てはいけない。ビッグクラブのBチームは、下部カテゴリーで結果を残すためじゃなく、トップチームに送り込む選手を育てるためにあるんだからね」

 もし、久保がカスティージャに残ったら、それはそれでメリットがあっただろう。毎日のように、トップチームの選手と練習できる環境にあっただろうから。だが、試合となれば、話は別だ。セグンダBの試合は、1部の試合とは全く異なる。

  今の久保にとって、もっとも大事なこと、そしてクラブが求めているのは、できるだけ多くの試合に出ることだ。それも1部の試合で経験を積むことだ。その目的を達成するための最適解が、マジョルカへの移籍だったのだろう」
 
 では、カレーラス自身がプレーし、指揮を執った経験もあるマジョルカで、日本の至宝は成功できるのだろうか。

「技術的にまったく問題ないのは、誰もが認めるところだろう。だが、それだけで成功できるほど甘くはない。その他の多くの要素、例えばチームメイト、コンビネーション、フィーリング、監督との相性、運、フロントの意向……。そういったことがうまく組み合わさって初めて達成できる。

 私の経験から言っても、(6シーズンも下部リーグで沈んでいた)マジョルカで成功するのは、簡単なことじゃない。時間を与える必要がある。最初は20分でもいいから、とにかく試合で使ってもらうことだ。まずは、監督の考えを理解することからだろうね」

 指揮を執った経験も踏まえ、現在のマジョルカでプレーする難しさを語ったカレーラス氏。その環境の中で、久保は成長し、そしてマドリーのトップチーム入りの足掛かりを掴めるのか――。挑戦は始まったばかりだ。

インタビュー&翻訳:山本美智子
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ