【セルジオ越後】めちゃめちゃゴールを意識していた久保。相当なプレッシャーを感じているようだけど、その原因は…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月06日

パラグアイは酷い出来だったが、ゴールに絡めなかった久保に対して中島はしっかり結果を出した

久保は幾度もゴールに迫り、惜しいシーンを作り続けたが得点には至らなかった。写真:徳原隆元

画像を見る

 キリンチャレンジカップのパラグアイ戦は、日本が大迫と南野のゴールでコパ・アメリカ8強の相手に勝利を収めたね。ゴールは中央とサイドを使い分けながら、スピーディな展開で崩して、いずれも前線のふたりがワンタッチで決めたいいゴールだったね。
 
 コパでベスト8のチーム相手にファインゴールふたつで勝ったんだから、普通は褒めてあげるべきなんだろうけど、まあパラグアイの出来が酷かった。パスミスがかなり目立ったし、前半から動きは鈍かったけど、後半のわりと早い段階から足をつっている選手がいたり。日本がちょっとプレスをかけるとすぐにミスしてボールを失うし、コパのイメージとは全く違うチームだった。
 
 正直4、5点取ってもおかしくない相手だったよ。長旅のうえに、日本の蒸し暑さが相当堪えたんだろう。最後の方は負けているのに、後ろの方でボール回ししかできなくなっていた。日本だって、後半は南野あたりもかなりバテていたよね。
 
 そんな相手だから、まだ元気なうちの前半の2点は良かったとしても、後半は無得点。南米8強の相手からの勝利も手放しでほめられるようなものじゃないよ。堂安も決定的なシュートを止められたし、とりわけ後半は久保が何本もシュートを放ったけど、ついにゴールを決められなかったね。
 
 見る限り、久保は相当プレッシャーを感じながらプレーしているんじゃないかな。とにかくゴールを奪おうってめちゃめちゃ意識したプレーをしていたよ。周囲からの期待に応えようとするあまり、ハイペースで飛ばし過ぎて、途中からペースダウンしたような感じになっていた。
 
 だけど、そういうプレーになってしまうのは周りが“久保くん”をスターに祭り上げたがっているからだよ。18歳でレアル・マドリーと契約して凄い、凄いと騒ぎ立て、他の主力選手の活躍よりも大きく取り上げられる。もう周りを意識せざるを得ない状況になってしまっている。
 
 でも現実は、久保はレアルの選手じゃなくて、マジョルカでまだレギュラーも取れていない選手。PSVやポルト、ガラタサライ、マルセイユの方がクラブとしては格上だ。久保は後半に1点も取れなかったけど、同じ2列目の中島は前半に2つのゴールの起点になった。まだパワーがあった相手に、中島はしっかり結果につなげている。
 
 メディアもそういうことを正直に言ってあげた方が久保のためなんじゃないかな? たぶん、その方が久保もラクになると思うし、久保自身ももうちょっと肩の力を抜いてプレーできるはずだよ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ