【ミャンマー戦|展望】注意すべきは相手の素早いアタッカー陣。厳しい環境も日本は“王道メンバー”で押し切れるか?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年09月10日

先手を取りたいが、バランスも重視したい

前日練習の開始前には森保監督(写真左)と柴崎が話し込む場面も。なにか確認を行なったようだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本は2-0で勝利したパラグアイ戦(9月5日@茨城県立カシマサッカースタジアム)から大きくメンバーを変えずに“王道の布陣”で臨む見込みで、試合を有利に進めるためには、早い時間に先制したいところ。

 もっとも前がかりになりすぎてバランスを崩すのも危険で、冨安健洋は「理想と現実というところで、現実的なサッカーをすることも必要だと思いますし、強いチームは現実的なサッカーをして勝つチームだと感じます。なによりも結果にこだわるべきですし、チームとしても意思統一が必要なのかなと思います」と口にする。
 
 ピッチコンディションが悪いとなると手数をかけた攻撃よりもシンプルな展開が有効になるはずで、ロングボールを大迫に入れる形や、時間をかけずにクロスを入れて状況を打開する攻撃も取り入れる必要があるだろう。そこは森保監督がどう指示を送るか。指揮官の手腕も重要になる。

 また、ミャンマーで気を付けたいのは10番のチョー・コーコー、9番のアウン・トゥ、8番のチー・リンら小回りが利き、スピードのある前線の選手。特にカウンター時には彼らの動きに気を配りたい。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【ミャンマー戦のスタメン予想】焦点は橋本と遠藤が争うボランチ。久保の先発起用の可能性は…
【日本代表】現地メディアからも注目の的。久保建英のミャンマー戦出場はあるのか
いよいよ開幕するW杯アジア予選。森保一監督が語る初戦の相手ミャンマーの印象は?久保の起用は?
【日本代表】W杯2次予選の初戦は過酷な戦いに。敵地ミャンマーの環境に大迫勇也も驚き
【日本代表】初のW杯予選へイメージを膨らませる堂安律と冨安健洋。ふたりが考えるミャンマー戦のプランは――

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ