いよいよ開幕するW杯アジア予選。森保一監督が語る初戦の相手ミャンマーの印象は?久保の起用は?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年09月09日

スタメンは「コンディションの良い選手を」

ミャンマー戦の前日会見に臨んだ森保監督。意気込みを語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 9月10日、日本代表はカタール・ワールドカップのアジア2次予選の初戦として、敵地でミャンマーと対戦する(トゥウンナ・スタジアム。日本時間の21時20分キックオフ予定)。9月9日には森保一監督が前日会見に臨んだ。
 
「活動してきた日々の積み重ねがあって、明日の試合に臨むことになります。夢の大舞台で、大きな目標となる大会でありますが、選手個人とチームとして成長してもらいたい。プレッシャーがかかる予選になると思いますが、思い切って幸せな気持ちを持って頑張ってもらいたい」と選手へメッセージを送った。
 
 また指揮官はミャンマーの印象について「育成年代のワールドカップに出場するなど、力をつけているチームです。組織立ったプレーができ、手強いチームだと思います」とコメントした。
 
 気になるスタメンについては「今回の招集メンバーのなかで、キリンチャレンジカップ(パラグアイ戦)を戦ってきましたが、その活動のなかでコンディションの良い選手を起用したいと思います」と説明。
 
 ミャンマーの記者からは久保建英について質問も出たが、「(スタメンを含めて)今日の練習を見て久保の起用も考えていきたいです」と話すに止めた。
 
 果たしてミャンマー戦へ森保監督はどんなメンバーを送り出すのか。前回のワールドカップ2次予選はホームで引き分けたが、キッチリ勝点3を掴めるのか注目だ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ