香川真司、名門サラゴサ移籍の舞台裏「マンU時代の同僚が仲介役となり、指揮官が練習を欠席してマドリードまで赴き…」【現地レポート】

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月14日

サラゴサ出身の“意外な人物”が仲介役に

古巣の窮状を気にかけ、仲介役を務めたアンデル。自信も今夏にマンUを退団してパリSGに新天地を求めた。(C) Getty Images

画像を見る

 30歳となり、クラブレベルでは、年齢を重ねるとともにキャリアが徐々に下降線を描いている香川だが、その一方で日本代表ではいまなお重要な選手であり続けている。昨年のロシア・ワールドカップでも日本の決勝トーナメント進出に大きな貢献を果たした。

 そんな日本のサッカー史を彩る偉大な功績を残してきたMFが、長年に渡って秘めていた思いが、スペインでプレーすることだった。この夏もその希望を優先して移籍先を探し、実際、セルタとは加入寸前までこぎ着けた。しかし最後のところで条件面で折り合いがつかず、香川は代理人に別の候補を探すように命じた。

 そんななか、サラゴサと香川との重要な仲介役を果たしたのは、意外な人物だった。香川とほぼ入れ替わる形でマンチェスター・Uに加入し、14年夏のわずかな期間ながらチームメイトだったアンデル・エレーラ(現パリ・サンジェルマン)だ。
 
 香川の代理人を務めるアルトゥーロ・カナレスはジェラール・ピケやイバン・ラキティッチ(いずれもバルセロナ)のほか、アンデルもクライアントとして抱えている。そしてそのスペイン人MFは、下部組織時代から在籍し、父親のペドロが12年5月までテクニカル・ディレクターを務めたサラゴサの現状を憂慮し、いまでも関係者と定期的に連絡を取り合っていたのだ。

 代理人を通じて香川がスペインでのプレーを希望していることを知ったアンデルは、その旨をクラブ関係者に伝えると、リキ・プッチ(バルサB)の獲得に失敗し、攻撃陣をテコ入れする新たな人材を探していたサラゴサとのニーズが一致。スポーツ・ディレクターのラロ・アランテギが香川サイドに連絡を入れると、もうそこからはトントン拍子で話は進行し、先週には前述のカップウィーナーズ・カップを制した時の指揮官で、昨シーズン途中に2度目の監督復帰を果たしたビクトール・フェルナンデスが、記者会見で「近日中に重要な出来事が起こる」と予告するまでになっていた。

 自ら今月5日の午後の練習を欠席し、最後の交渉が行われたマドリードに赴き香川本人とも会っていた指揮官は、その時点で入団が確定したことを知っていたのだ。

「サラゴサに入団できてとても幸せだ。1部に復帰できるよう一緒になって戦っていきたい」

 現地入りし第一声でこう語った香川。求められるのは当然、攻撃の中心選手としての役割だ。この名門を1部復帰に導くミッションを達成した暁には、後年になって、クラブに在籍した名手のひとりとして、サラゴシスタの間で語り継がれることになるはずだ。

文●ジョルディ・キシャーノ(エル・パイス紙)
翻訳●下村正幸

記者プロフィール/スポーツ紙の『ムンド・デポルティボ』での2年間を経て、『エル・パイス』に移籍。以来15年以上に渡って健筆を振るい、現在はバルセロナ番記者を務める。18歳までサラゴサで生まれ育ち、2部に降格して以降も、折に触れて故郷のクラブの記事の執筆も担当。昨年12月には、復帰直後のビクトール・フェルナンデス監督へのロングインタビューも行なっている。

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ