【J1ベストイレブン】名古屋の救世主を堂々のMVPに!FC東京の“スピードスター”永井謙佑は今シーズン最多6回目|22節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月13日

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】
GK
18 高丘陽平(鳥栖) 7 ●初選出
スーパーセーブを連発したことが結果的に逆転勝利を呼んだ。C大阪の指揮官や選手も脱帽。
 
DF
4 吉本一謙(清水) 6.5 ●初選出
ボールに絡んで目立つシーンは少ないが、細かいラインコントロールやコーチングで相手に隙を与えなかった。
 
20 中谷進之介(名古屋) 7 ●初選出
この日も気持ちの入ったプレーで最終ラインを牽引。オーバーラップで2点目の起点になるなど攻撃面でも貢献し、試合終盤にはゴールライン上でのスーパークリアもあった。
 
32 渡辺 (FC東京) 6.5 ●2回目
13分に仙台のハモン・ロペスのシュートをブロックすると、その3分後にもヘッドで競り勝つ。フィジカル能力の高さを見せつけた。
 
MF
20 三竿健斗(鹿島) 6.5 ●2回目
プレッシャーを受けた時でもフィジカルの強さを活かして局面を打開する。さらには精度の高いパスで決勝点の起点に。
 
10 倉田 (G大阪) 7 ●2回目
豊富なスタミナを90分通して切らさず、89分にはこぼれ球を見逃さずに詰めて先制点をゲット。随所に見せた最終ラインの裏への抜け出しも良い動きだった。
THIS WEEK MVP
29 和泉竜司(名古屋) 7.5 ●2回目
11分にはCKの流れから吉田豊のシュートを頭でコースを変えて先制ゴールをゲット! 17分には冷静に川崎のDFを外して2点目をマーク。前半に一度、相手のパスにスライディングで届かないシーンがあったが、守備でもよく走り、10戦未勝利のチームを奮い立たせた。
 
14 森島 (広島) 7 ●3回目
独特なタッチでG大阪DFを翻弄し、敵の守備ブロックを崩しにかかった。試合終了間際には絶妙なクロスでレアンドロ・ペレイラのゴールをアシスト。最もチャンスの匂いを感じさせたのは、この男を経由した攻撃だった。
 
25 前田直輝(名古屋) 7 ●2回目
切れ味鋭いドリブルで攻撃をよく引っ張った。そして64分には吉田のクロスから落ち着いてチーム3点目を奪取。貴重な働きをこなした。
 
FW
11 永井謙佑(FC東京) 7 ●6回目
敵の裏に抜け出すプレーはいくつもあり、57分には仙台のシマオ・マテとの競り合いからPKを獲得。試合を動かす重要なアクションだった。
 
11 山﨑凌吾(湘南) 6.5 ●初選出
46分の同点ゴールで仲間を奮い立たせた。スペースに走り込みパスを引き出してのポストプレー、裏に抜ける動き、磐田GKやDFへのプレスを最後まで怠らず、逆転勝利へとチームを牽引した。
 
【必見の名場面】J1第22節のベストショットギャラリー!!

※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ