リアル“南葛SC”安田晃大キャプテンが語る胸の内「このチームと一緒にJリーグへ戻る!」

カテゴリ:特集

伊藤 亮

2019年07月24日

「もう一度サッカー選手として自分を見つめられるんじゃないか」

昨年、J2の愛媛から東京都1部リーグの南葛SCに移籍。中学時代に夢中になった『キャプテン翼』の影響は大きかったという。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 サッカーを始めたきっかけは、楽しかったからだった。その楽しさを感じさせてくれる場所に、もう一度戻りたかった。
 
「原点回帰ではないですけど、楽しくサッカーがしたい、と思って。愛媛での最後のシーズンは正直、サッカーを全然楽しめなかったんです。本当に“仕事”って感じで。ベンチには入っていても試合には出ていなくて、状態がよくてもなかなか使ってもらえない。チームが勝てなくて苦しんでいる時、状態はいいのに使ってもらえない。それが一番もどかしかったというか。サッカーが楽しくなくなり、練習に行くのも面倒くさくなってしまった自分がいました。でも、南葛SCは自分を必要としてくれているし、もう一度サッカー選手として自分を見つめられるんじゃないか、と感じたんです」
 
『キャプテン翼』はアニメの再放送を録画して見ていたことを覚えている。中学生になってからは、週刊少年ジャンプで始まった『キャプテン翼 ワールドユース編』に夢中になった。サンターナやナトゥレーザといったブラジル選手のファンタジックなプレー、中国の肖俊光の必殺技「反動蹴速迅砲」に夢中になった。サッカーを楽しんでいた当時に見ていた『キャプテン翼』、そのマンガと縁の深いチームでもう一度原点に戻る――。安田晃大はプロ選手としての契約で南葛SC入りを決めた。
 
「最初、高橋先生に会った時“でかっ”って思って(笑)。テレビで見ていた印象では、もっと小柄な印象だったんです。でもがっちりした体格で大きくて。それが一番ビックリしましたね(笑)。先生にはJリーグにいてもなかなか会うことが叶わない。それが先生に会えて、ましては同じチームにいれる。感動的ですよね。南葛SCに来たのは高橋先生がいてJリーグを目指しているから。もし南葛SCと同じカテゴリで他のチームから話があっても、絶対断ってますから」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ