鹿島加入内定FW染野唯月が感じた重圧… 1得点も尚志高指揮官がエースに苦言を呈した理由

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2019年07月09日

「彼が違いを見せたのは前半だけだった」

自ら奪ったPKを染野がきっちりと決めて同点。しかし、その後はネットを揺らせず。写真:安藤隆人

画像を見る

 1-1で迎えた後半。染野は64分に縦パスから左サイドを抜け出し、マイナスの折り返しでフリーの味方に合わせてチャンスを作ったが、尚志が放ったシュートはその後ゼロだった。
 
 徐々に運動量が落ちてきた染野は、これまでの抜群の存在感から一転し、徐々に消えるシーンが増えた。結果、染野は終了間際にFW黒田陸斗との交代を告げられた。
 
 チームは浦和ユースの猛攻を凌ぎきり、1-1のドロー決着で勝点1を手にした。苦しみながらも、インターハイ予選以降1勝2分けの負けなしの成績に仲村浩二監督も選手をねぎらう一方で、エースには苦言を呈した。
 
「彼が違いを見せたのは前半だけだった。一番率先してやらないといけない選手が、上手くいかない時に下を向いてしまうと、チームの雰囲気に影響する。『もっとやろうぜ』と周りを鼓舞できる選手になってほしい。今日は敢えて最後に代えました」
 
 ここで満足してしまう選手になってほしくない。もっと成長してほしい――。鹿島内定が決まり、周りが注目する今だからこそ、指揮官は愛ある厳しさを彼に示した。
 
「後半、守備面で貢献できなかった。相手は後ろでつなぐ分、僕ら2トップが前線からしっかりと追わないといけないのですが、それがやりきれなかった。あの交代は他の選手の方が走ることができたという判断でのもの。それは受け入れて、もっと考えてプレーをしないといけないし、もっと自分がチームのためにもっと走りきれないといけないと思います」
 
 試合後、このメッセージを受け取った染野は、神妙な面持ちでそう口にした。
 
「プレッシャーは正直あって、上手くプレーできなくて難しかった」と、正直な気持ちを口にしながらも、改めて「進路が決まって、気持ちがすっきりした部分もあるので、次節からはもっと気負わずにやりたい」と、まっすぐに前を見つめた。
 
 これからさらに注目度は高まり、プレッシャーも増える。だが、この試合で味わった経験を染野なら、必ずや力に変えるはずだ。この試合をより価値あるものにすべく、高校屈指のストライカーは悔しさの中で新たなスタートを切った。
 
取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ