浦和、鹿島、FC東京…プロ大注目の尚志エースは「Jクラブ練習参加」でなにを学んだのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

小林健志

2019年06月03日

福島決勝でチームを本大会へ導く殊勲弾!

最終学年を迎え、固い決意で今季を戦う染野。インターハイではどんなパフォーマンスを披露するのか。写真:小林健志

画像を見る

 インターハイ(高校総体)の福島予選決勝は、今季8年ぶりにプレミアリーグEASTの舞台で戦う尚志と、プリンスリーグ東北に復帰を果たした学法石川が対戦した。
 
 試合は序盤から尚志が圧倒的に攻め込んだが、学法石川の堅い守りに阻まれる展開が続く。後半に尚志が先制するも、後半アディショナルタイムにPKで同点に追いつかれ、延長戦にもつれ込む熱戦となった。
 
 延長戦でもなかなか得点が入らず、PK戦が濃厚となった延長後半8分、尚志はセットプレーのこぼれ球を拾ったMF菅野稜斗(2年)のクロスから、エースFW染野唯月(3年)がヘディングシュートを決め、勝利を決定づけた。「仲間を信じられたおかげです。あのクロスは絶対来ると信じて飛び込みました」。勢い余ってボールと共にゴールに転がり込む形となったが、見事に尚志を10年連続12回目の優勝へと導いた。
 
 コンディションは万全ではない。鹿島アントラーズや浦和レッズ、FC東京などJ1強豪クラブの練習参加したこともあって、チームにいない期間も多かったという。そうした疲労の影響もあり、今大会は準々決勝と決勝の2試合のみに出場した。
 
「特に前半、自分の思ったようなプレーができなくて、決めるところで決められず、ポストに当たったシュートもあって、ゴールを決めてチームを楽にさせることができませんでした。ゲームキャプテンとしてみんなを冷静にさせて、良いゲームをさせてあげられなかったのは自分の責任です」
 
そう語って、悔やむ。
 
 周囲も染野の高さを活かそうとするあまり、中央へのロングボールが多くなり、逆に攻撃が単調になってしまう時間帯があった。「自分たちの攻撃はもっとクロスなどサイド攻撃が武器なのですが、中からの攻撃が多くなって、そこで密集になってボールを奪われることが多かったです。もっと判断のスピードを上げないといけません。この相手にできなかったら全国でもできませんので、全国レベルに合わせていきたいです」と、インターハイを見据え、よりチーム全体の状況判断の部分を磨いていきたいという。
 
「(Jクラブへの練習参加などで)チームにいない時が多くて、みんなと合わせる時間が少なかったのですが、みんなが自分に合わせるんじゃなくて、自分がみんなに合わせていきながら、その中で個人能力を出していければ、もっと良いものが出せたのではないか……」と、最後まで染野は反省しきりだった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ