【J1採点&寸評】浦和2-1鳥栖|興梠が劇的な決勝弾!大槻監督はやはり“持っている”

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年06月15日

浦和――劇的決勝弾を決めた興梠は一気に評価を覆す

後半アディショナルタイムに興梠が逆転ゴール! エースがチームを勝利に導いた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

29 柴戸 海 6(80分OUT)
スルーパスの精度はいまひとつでも、目を引いたのは出足の素早い寄せ。相手の運動量に決して劣らず、中盤を支えていた。

9 武藤雄樹 5.5
前半は上下左右に素早く動いて攻撃を活性化するも、後半はやや運動量に陰りが見られたのが惜しい。前半4本のシュートを放ったが、後半は0本に。
 
19 アンドリュー・ナバウト 5.5(51分OUT)
ダイナミックな動きで縦パスを度々引き出し、パスワークをスムーズにさせた。ただ肝心のシュートシーンは巡って来ず、ノーゴールに。
 
FW
MAN OF THE MATCH

30 興梠慎三 7
ラストチャンスで確実にネットを揺らして、チームに劇的な勝利をもたらす。迫力を欠いていた後半途中までの低評価を一気に覆した。

交代出場
MF
7 長澤和輝 5(51分IN)
A・ナバウトに代わりシャドーに投入されるも、目立ったのはボールロスト。常に相手の素早いプレスに悩まされていた。
 
MF
46 森脇良太 6(70分IN)
この日は目立つ場面は少なかったが、堅実的に仕事をこなす。精力的に右サイドでアップダウンを繰り返し、攻守に貢献し続けた。
 
FW
11 マルティノス —(80分IN)
86分の警告を受けたのは余計だったが、最大の見せ場は後半アディショナルタイムにやってくる。左サイドを果敢に仕掛けた結果、興梠の決勝ゴールを生み出した。
 
監督
大槻 毅 6
最後の最後でマルティノス投入が奏功。今季就任後、リーグ2戦目にして劇的な形で初勝利を飾った。やはり、この指揮官、“持っている”。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
【現地発】マドリーはなぜ久保建英を獲得したのか? トップチーム昇格の鍵となるのは…
【セルジオ越後】マスコミは久保建英を持ち上げ過ぎ。サッカー強豪国なら新聞の見出しは「永井2ゴール」だよ
【浦和】大槻新監督がもたらした“最初の変化”。川崎戦は大きなターニングポイントになる
【浦和】森脇良太の劇的同点ゴールを生んだ、大槻毅新監督の“熱い言葉”
「鳥栖らしい」は退化。就任後3連勝に導いた金明輝監督の“こだわらない”サッカーの意図は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ