【浦和】大槻新監督がもたらした“最初の変化”。川崎戦は大きなターニングポイントになる

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年06月02日

川崎戦は「二面性が出たゲームだった」(大槻監督)

大槻新監督はわずか3日間の準備期間で初陣の川崎戦に臨む。それでもドローに導き、連敗していた悪い流れを止めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ14節]川崎1-1浦和/6月1日/等々力陸上競技場
 
 大槻新体制で再建を図る浦和レッズにとって、その初陣となった14節・川崎フロンターレ戦のドローは、大きなターニングポイントになるかもしれない。
 
 川崎戦は劇的な展開で幕を閉じた。予想外のドラマが生まれたのは、90+5分のCK。1点ビハインドだった浦和は、GKの西川周作までもゴール前に上げ、まさに総攻撃で得点を狙いに行った。
 
 そしてなんと、この文字通りのラストチャンスで森脇良太の同点ゴールが決まる。敗色濃厚だったチームは土壇場で勝点1を手にしたのだ。

 ベンチで戦況を見つめていた大槻毅監督は同点ゴールが決まった瞬間、何度もガッツポーズを繰り返した。胸をなで下ろす想いだったに違いない。なにせリーグ4連敗中の低迷していたチームを預かり、初陣でなんとしても、その悪い流れを止めなければいけなかった。是が非でも欲しかった1点、そして勝点1である。
 
 ただしゲーム内容は決して褒められるものではない。気合いを感じさせた前半こそ5-4-1のブロックを敷いて相手のパスワークに対抗したが、後半は徐々にトーンダウン。右サイドの綻びを修正できずに先制点を献上すると、その後は最終盤になるまで攻め手を欠いていた。

 主な攻撃の形は、興梠慎三のポストワークからマルティノスの推進力を活かしたカウンターくらい。それ以外は、武藤雄樹の個人技任せの突破や単調なクロスなど結局行き当たりばったりだった。前オズワルド・オリヴェイラ体制でも漂っていた“手詰まり感”を払拭できていたとは言えなかった。
 
 大槻監督は試合後、「監督が代わって“やってやろう”という気持ちが出た前半と、できないことが出てきた後半。二面性が出たゲームだった」と手応えと反省を語っている。

 もっとも、大槻新監督が就任してからわずか4日目。戦術に大きな手を加えられなかったのは致し方ない。結果的に最少失点に抑えて最後に同点としているのだから、むしろチーム作りとしては賢明な判断だったかもしれない。
 
 つまり、大槻監督が就任直後に優先的に行なった改革は、戦術的な部分ではないということだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ