• トップ
  • ニュース一覧
  • 【総体|岐阜代表】初代監督が7年ぶりに復帰! 帝京大可児が“二刀流”で生まれ変わる!

【総体|岐阜代表】初代監督が7年ぶりに復帰! 帝京大可児が“二刀流”で生まれ変わる!

カテゴリ:海外日本人

森田将義

2019年06月02日

すべては選手権で「最高成績」を更新するため

7年ぶりに復帰した仲井監督。「強い帝京大可児を取り戻すため」の挑戦に着手した。写真:森田将義

画像を見る

歓喜を爆発させる帝京大可児イレブン。すべては選手権で躍進するために通過点だ。写真:森田将義

画像を見る

 試合へのアプローチにも手を加えた。
 
 いつもは仲井監督が発する「このゲームで力をつけよう」との言葉でミーティングを閉めるが、今予選では「俺らは予選を勝ち抜いて、全国で力をつけるんだ」との言葉で試合に送り出してきたという。取り組みの甲斐あって、前半の苦しい時間帯を無失点で凌ぐと、渡邊、そしてMF関根空(3年)が効果的にゴールを奪い、2-0で勝利した。
 
 2年ぶり6回目のインターハイ出場を手にしたが、あくまで選手権に出場するための通過点にすぎない。仲井監督はこう口にする。
 
「我々の目標はインターハイ出場ではなく、プリンス残留でもなく、選手権に出場すること。選手権でチーム最高成績であるベスト8を目ざして、頑張っている。そのためには夏に全国大会に出て、新たな欠点を見つけなければいけない」
 
 冬に向けて万全の準備を進めるため、インターハイではひとつでも多くの試合を経験するのが目標だ。強い帝京大可児を取り戻すためのチャレンジは、まだ始まったばかりだ。
 
取材・文●森田将義(フリーライター)
【関連記事】
【総体予選】土曜日の結果を速報! 岐阜、滋賀、宮崎などで新たに出場校が決定!
編集部が厳選! 2019年の高校サッカー界を彩る注目銘柄300選 関東編Part1
編集部が厳選! 2019年の高校サッカー界を彩る注目銘柄300選 九州編
【総体】斬新なスタイルで全国一番乗り! 2019年版の神村学園は両サイドバックが面白い!
【U-20W杯】超高校級FWが初スタメン! イタリア相手に通用したプレーは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ