【U-20W杯】超高校級FWが初スタメン! イタリア相手に通用したプレーは?

カテゴリ:国際大会

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年05月30日

右サイドハーフと2トップの一角でプレー。

イタリア戦で初先発の西川は果敢に仕掛けた。(C) Getty Images

画像を見る

[U-20ワールドカップ グループB]U-20日本 0-0 U-20イタリア/5月29日/ブィドゴシュチスタジアム
 
 ついに、超高校級FWが世界の大舞台で初スタメンを飾った。

 U-20ワールドカップのイタリア戦で、日本の西川潤は今大会初先発。スタートは右サイドハーフでプレーし、前半の終盤からは2トップの一角に入った。

 ゴールやアシストなどはなかったものの、守備ではきっちりとハードワーク。さらに、最前線に移ってからは巧みにボールを引き出し、随所にバイタルエリアで効果的なドリブルも見せた。

 ただ、やはり欲しいのは結果で、「イタリアの守備の堅さだったり、牙城を崩せなくて、得点を奪いきる力をもっとつけていく必要があると思った。今日は得点を取れなかったので、そういうところはもっとできたところがあったんじゃないかな」と悔しさを滲ませた。
 
 そんななかでも確かな手応えは掴んだ。西川はイタリア戦で通用したと感じたプレーをこう振り返る。
 
「仕掛けの部分だったり、前に運ぶところまでは通用するなと思った。身体を入れて守備の部分は戦えるなと思った」
 
 自信を得たのはドリブルと守備時のフィジカルコンタクト。たしかに、27分にバイタルエリアで持ち上がったシーンなど、チャンスにつながりそうなプレーは何度かあったし、ディフェンスでは相手と当たっても引けを取らなかった。
 
 ワールドカップデビューとなった初戦のエクアドル戦では66分から途中出場し、イタリア戦では86分までピッチに立った。徐々に出場時間を伸ばしつつ、プレーも良くなってきている。
 
 西川はイタリア戦のドローを悔やみつつも「グループステージ突破が決まったので、次に切り替えてやっていく必要がある」と前を向く。桐光学園高(C大阪特別指定)所属で唯一の高体連選手だが、その才能は本物だ。調子を上げつつある超高校級FWが、決勝トーナメントでいよいよ真価を発揮するのか、注目したい。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ